羅漢果茶とは~6つの効果・効能と味、作り方やおすすめの飲み方まとめ

日本だけでなく世界中には様々な種類のお茶があります。

特に中国には六大分類と呼ばれているお茶があり、黄茶や黒茶、緑茶、青茶など、発酵の度合いによって色で名前を付けたお茶の種類が有名で、他にも多数のお茶があります。

羅漢果(ラカンカ)という植物をご存知ですか?

聞いたことがないという人も多いかもしれませんが、このラカンカという植物を使って作られた羅漢果茶というお茶(健康茶)が中国にはあります。

近年、日本など世界中で健康ブームになってきていますが、その中で健康茶の人気も高まってきています。

「羅漢果茶ってどんなお茶?美味しいの?」

「羅漢果茶に秘められた身体によい効能はある?その効果についても知りたい。」

「羅漢果茶は日本で飲むことができるの?おすすめの市販の羅漢果茶は?」

など、羅漢果茶についての疑問の声がたくさん聞こえてきそうです。

そもそもラカンカって何なの?から始まるかもしれませんね。

今回は、あまり日本では馴染みのない羅漢果茶についてくわしくご紹介していきます。

ラカンカという植物について、原産地や生態、ラカンカという植物が使われている用途、効果や効能、羅漢果茶の味、市販の羅漢果茶や飲み方について疑問を解決していきましょう。

いつもと違うお茶を飲んでみたい人、中国のお茶に興味がある人、健康茶ブームに乗っかってみたい人、話のタネに飲んでみた人など様々な人の参考になれば幸いです。

羅漢果茶とは

羅漢果茶とはどういうお茶なのでしょうか、詳しくみていきましょう。

ラカンカとは?

ラカンカという植物は中国の広西のチワン族自治区を原産地としているウリ科のラカンカ属の多年生つる植物です。

チワン族自治区の土地は、観光都市となっており、空気と水が綺麗な土地で、水墨画に描いたような土地が世界でも有名になっています。

羅漢果の収穫時期は9月から11月で、濃い緑色の光沢を帯びたまんまるの実がなります。

ブドウのように実がなっていくのですが、一粒の大きさは46㎝と大きめです。

ラカンカは種類も多く、主に4種類ありますが、最も品質が良いのは長灘果と言われています。

亜熱帯の山岳地帯を好む植物で、中国の永福県や融安県、臨桂県などが産地となっています。

この3県がラカンカの生産量の9割を占めているので、なかなか他の地域で手に入ることができません。

生産される場所が限られているので、中国政府は重点保護植物に指定しています。

さらに、国外への持ち出しも厳しく管理されているので、日本でもすべてのラカンカのエキスなどが、輸入できない状態となっています。

羅漢果という名前の由来は、真ん丸の実が散髪した羅漢(仏教の聖人賢者)の頭に見えることから、羅漢果と名付けられた説があります。

アメリカではモンクフルーツと呼ばれている

アメリカでは羅漢果の薬効からモンクフルーツという名前で人気が上昇しています。

ここ10年程の間に、アメリカのスーパーフードは日本でも注目が集まってきています。

例えば、マキベリーやアサイー、ローカカオ、チアシード、キヌアなどが挙げられますが、モンクフルーツと呼ばれる羅漢果もスーパーフードとして人気なのです。

日本ではまだあまりなじみがないので、これから人気が上がってくる可能性はありますね。

羅漢果の用途は?

羅漢果は主にふたつの用途があります。

ひとつは甘味料、もうひとつは薬用です。

羅漢果茶はどちらにも当てはまると言えるでしょう。

日本の甘味料としては「カロリーゼロの自然派甘味料ラカントS」が有名ですね。

薬用としては漢方薬として顆粒状になった羅漢果が販売されています。

―参照 羅漢果とは|カロリー0の自然派甘味料サイトよりー

羅漢果茶とは?

そんな羅漢果をつかってできたお茶が羅漢果茶です。

甘味料として使われている植物なので、優しい甘さを感じることができるお茶です。

羅漢果に含まれている成分を抽出して飲むので、様々な効果を発揮します。

中国では「万病に効く飲み物」として親しまれています。

苦いお茶が苦手な人でも飲みやすいので、ぜひ飲んでほしいお茶のひとつです。

羅漢果茶の味~おいしい?まずい?

甘味料に使われている羅漢果を使ったお茶は、どのような味がするのでしょうか?

販売しているメーカーでも違いますが、香りは少し薬草のような独特な香りがします。

また、甘さは甘味料にする前のラカンカ本来の甘さを感じるお茶なので、優しい甘さです。

羅漢果の甘味料は砂糖の約300倍の甘さがあると言われているのですが、お茶はそこまで甘くはありません。

苦みやえぐみは少なく、飲みやすいお茶で和食にも合います。

中国の原産地で飲むとまた違った味わいがあるかもしれませんが、日本に入ってくる羅漢果は茶色のものが多く、中国本来の味とは少し違う部分があるかもしれません。

もし中国に足を運ばれることがあれば、現地でぜひ飲んでみてくださいね。

次に羅漢果茶を実際に飲んでみた人の意見をご紹介していきます。

・無理なく続けられる健康茶で、利尿作用や便通がよくなった。

・味は独特だけど、苦みがないので飲みやすい。

・羅漢果の実から煎じて飲んでみると驚くほど甘くて、甘いのが苦手な人には飲み干せないかも。

・お茶のつもりで飲むと甘いけど、糖質ゼロ砂糖不使用なので不思議な感じがする。

・子どもに飲ませると羅漢果茶だけより紅茶とブレンドしたほうが美味しいと好評。

など、様々な意見がありました。

実際に市販の羅漢果茶より、羅漢果という植物から煎じて飲む方が甘く感じるようですね。

これから羅漢果茶を飲もうかなと考えている人の参考になればと思います。

羅漢果茶の6つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう?

さて薬用としても利用されている羅漢果ですが、そのお茶にはどのような効能が期待できるのでしょうか。

糖尿病対策になる

羅漢果茶には自然の甘味があり、砂糖や甘味料が使われていません。

そのため日本でも多い糖尿病の予防に繋がるとされています。

羅漢果の甘味成分であるテルペングリコシド配糖体は、粘性がとても強いので、小腸で吸収されにくく大腸まで到達します。

そのため、体内に吸収されにくい甘みで、食物繊維と同じ性質をもっています。

糖尿病患者の甘味成分として料理にも使われることがあるほど、素晴らしい成分なのです。

甘いものが好きな人は、羅漢果茶を飲んでその欲求を満たしてみてはいかがでしょうか?

糖質や砂糖を控えることができ、甘いものを摂り入れることができるのでぴったりのお茶です。

―参照 羅漢果茶の効能|健康茶の効能ガイドサイトよりー

抗酸化作用でアンチエイジング効果がある

羅漢果は活性化酵素を抑制する抗酸化作用がとても強い植物です。

もともと育っている環境で、日中紫外線をたっぷり浴びるので活性酸素を大量に発生することを防ぐ作用が自然と養われています。

抗酸化作用とは、肌のシミやしわ、髪のつやがなくなるなど酸化によって起こる老化を止める働きです。

酸化とは錆びることとも言われており、老化と言われる症状を引き起こします。

女性には嬉しくない酸化をとめる作用を止めてくれるので、アンチエイジングに繋がるのです。

他にも、抗酸化作用によりアレルギーやアトピーなど様々な病気の予防に効果が期待されています。

脳機能障害の予防

山形大学の研究所では、動物を使った実験で羅漢果の甘味成分が脳関門を通過できることを発見しました。

これにより、羅漢果の抗酸化作用が脳内に入り込み、脳内の活性酸素を除去することが分かったのです。

認知症やボケ、脳梗塞、脳血栓といった脳で起こりやすい脳障害の予防ができると期待されています。

まだまだ研究は続けられており、これからの結果や報告にも目が離せません。

咳止め効果

香港の歌手やアナウンサーなど喉を大切にしている人は羅漢果茶を持ち歩き、

しょっちゅう飲んでいるそうです。

というのも羅漢果には咳を抑制する効果があると言われており、のど飴にも使われています。

中国でも昔からのどの炎症を抑える薬として利用されてきました。

岡山大学医学部での実験によると、羅漢果は脳組織の活性酸素を消去抑制する作用があることから、身体の酸化を防ぎ、のどの炎症やその他の症状にも効果があると発表しています。

腸内改善に効く

健康診断などで気になる「悪玉コレステロール値」。

他の部分は基準値内でも悪玉コレステロール値が高いという人がまだまだたくさんいます。

腸内環境を整えるためにも減らしておきたいものです。

羅漢果は腸内の善玉コレステロールを増やし、便秘にも効果があります。

善玉コレステロールが増えると、自然と悪玉コレステロールが減り、腸内環境が良くなっていくのです。

また甘味成分には食物繊維に似た働きももっているので、さらに便通がよくなるのです。

漢方薬や羅漢果茶を飲んで便通がよくなったという人もたくさんいます。

ダイエット効果がある

羅漢果茶は、甘さはあるもののカロリー0の甘味料です。

そのため、ダイエット中やカロリーを抑えたいという人にはもってこいのお茶なのです。

ダイエット中に砂糖などを減らすと、どうしても甘いものが食べたくなり我慢できなくなることがあります。

そんなときに羅漢果茶を飲むことで、ほっと安心することができるのです。

さらに食物繊維効果もあるので、便通もよく腸内環境も整えてくれすっきりと体調を管理することができます。

食事の際や普段の飲み物として、羅漢果茶を楽しんでみてくださいね。

このように羅漢果茶には生活習慣病やアトピーやアレルギー予防、

さらにアンチエイジング効果やダイエット効果など様々な効能が期待できます。

羅漢果茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫?

妊娠中は便秘になりやすくなったり、なぜか甘いものが欲しくなったりすることがあります。

そんなときにおすすめなのが羅漢果茶です。

羅漢果茶は「お茶」の分類ではありますが、カフェインは入っていません。

そのため、妊娠中の方や授乳中の方、お子様も安心して飲むことができます。

インターネットで『羅漢果茶』と調べると『危険』という文字が一緒に現れることがあり、不安に感じる人もいますが、それにはしっかりとした3つの理由があります。

1つ目、羅漢果茶はカロリーが0ですが、甘いものと脳が判断するのでドーパミンという成分がでます。

そのため、羅漢果茶を飲みすぎることによりもっと甘いものが欲しいと脳が指令を出してしまうことがあるのです。

そうなると羅漢果茶だけでは飽き足らず、他の甘いものを食べてしまう場合もあるようで、絶対に太らないとは

断言できないということです。

2つ目は、まれに羅漢果でアレルギーが出る場合があります。

ほとんどないので心配することはありませんが、初めて飲むときにはまず一口だけにして、

半日ほど様子を見てから、その後飲むと良いでしょう。

3つ目は、消化器官の不調を起こすことがあるということです。

腸内環境を良くする作用が裏目に出て、胃もたれや下痢気味になったというケースが報告されています。

飲みすぎないということが大切で、おすすめの量としては1日に23杯がよいです。

羅漢果茶や羅漢果が危険とされるのは、この3つが原因です。

飲みすぎないこと、アレルギーが出ないことをしっかりと確認すれば、問題なく飲むことができます。

羅漢果茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方

羅漢果茶の美味しい飲み方や作り方には何か良い方法があるのでしょうか?

羅漢果の実から煎じる飲み方

羅漢果の乾燥した果実は、日本でも手に入るようになりました。

基本の飲み方としては、羅漢果の実を煎じて飲む方法が一般的です。

作り方は以下の通りですが、好みに応じて煎じる時間などは調整してみてください。

①乾燥した羅漢果の実1個を手で軽く砕いて、水2リットルを入れた鍋に入れて火をかけます。

②沸騰して中火で20分ほど煎じます。(煎じすぎるとえぐみがでるので注意してください。)

③乾燥したら熱いままでも冷まして飲んでも大丈夫です。

羅漢果の実を2つ入れるとさらに甘さが増し濃い味になります。

冷蔵庫で34日程は保存もできますので、多めに煎じて保存しておいてもよいですね。

美味しい飲み方

羅漢果茶だけでは少しクセがあるようで苦手という人には、別のものとブレンドして飲んでみてはいかがでしょうか。

例えば、牛乳に混ぜて飲んでも良いですね。甘めの牛乳となり飲みやすい飲み方です。

他にも、紅茶に混ぜることで、まろやかな甘みの美味しい味わいになります。

また、市販の羅漢果茶にはルイボス茶やカモミールとブレンドしたお茶が人気で、ハーブティーとの相性も良いようです。

羅漢果茶自身は、優しい甘さがあり、ほんのりハーブのような香りがする癖の少ない飲み物なので、他の飲み物や食べ物とブレンドして楽しむと、さらに楽しみ方が広がりますね。

入浴剤として羅漢果の乾燥果実を軽く砕いたものを、市販の茶葉をいれるようなティーバッグに詰めて、お風呂につけて楽しむという方法もおすすめです。

羅漢果にはアンチエイジング効果など体によい成分がたくさんふくまれており、入浴剤や化粧水として

利用している人も多いようです。

また、お茶として利用した羅漢果茶の茶殻も利用することができます。

羅漢果のよいところを思う存分使って、身体にたくさんのエキスをしみ込ませてみましょう。

羅漢果茶は楽天やamazonで買える?おすすめ4

羅漢果は中国の一定の地域で約9割生産されていますが、日本でも手に入れることがあります。

最近は、デパートやスーパーの生鮮品売り場でも見かけるようになってきました。

なかなか近場では見当たらないというときには、ネットでの購入もおすすめです。

ネットでは、羅漢果茶ようにティーバッグにされたものや調味料、入浴剤など種類も豊富で、選ぶのが楽しくなりますよ。

らかんかこうぼう らかんか顆粒 500g

らかんかこうぼうが販売している500gとたっぷり容量の羅漢果顆粒です。

顆粒状なので、砂糖の代わりに使うこともできます。

お湯を溶くだけで甘くて優しい味の羅漢果茶を簡単に作ることができますよ。

牛乳と割っても美味しく、生姜粉末を足してジンジャーミルクにしても美味しいと評判です。

低血糖症の人も利用している商品で、個人差はありますが発作が起きなかったという情報もあります。

珈琲のお砂糖替わりや料理のお砂糖替わりとして様々なところで活躍してくれる美味しい羅漢果です。

詳しくはこちらからどうぞ。

香詩苑ラカンカ・ホール(羅漢果)20

羅漢果の実も、インターネットで購入することができます。

1個の大きさは直径6㎝とやや大きめで、楕円形の形をしています。

他のところでの購入よりも比較的安く手に入るので、おすすめの商品です。

甘くて飲みやすい、どちらかというと黒砂糖のような味がして料理にも使えるなど、高評価の羅漢果の実です。

詳しくはこちらからどうぞ。

セイコー 羅漢果顆粒箱500g

セイコー珈琲が販売していて、少し懐かしい雰囲気の漂う箱に入った羅漢果顆粒です。

お料理やお菓子作り、コーヒーや紅茶にあう羅漢果顆粒です。

とても甘さがあり、黒砂糖に似た味で美味しいと評判です。

リピーターも多く、にきびが消えた子どもの咳に効く、実用的等の意見がありました。

プリンやゼリー、ケーキなどにも使えるのですが、仕上がりは砂糖と比べると茶色くなってしまうので、使う際には仕上がりまで想像して使ってくださいね♪

詳しくはこちらからどうぞ。

ラカンカプレミアムカロリー0

LOHAStyleが販売している羅漢果の顆粒です。

他のものと比べると、こちらは白い顆粒なので、お料理やお菓子作りに使いやすいようです。

もちろんカロリーも0で糖質オフダイエットの人にもおすすめです。

砂糖のようにしつこくなくさらっとした甘さが特徴です。

香りも爽やかで他のものよりもクセが少ない、飲みやすいと評価も高くありました。

詳しくはこちらからどうぞ。

まとめ

中国では一般的に飲まれている羅漢果茶、アメリカではスーパーフードとしても注目されており、

日本でもこれからブームが来そうな予感のする羅漢果茶です。

お茶としてだけではなく、ブレンドしても美味しくいただけますし、入浴剤などでもたくさんの効果や効能が得られるので、様々な楽しみ方ができます。

ぜひ一度飲んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です