抹茶とは~9つの効果・効能と味、作り方やおすすめの飲み方まとめ

日本にはたくさんの種類のお茶があり、気分や場面に合わせて選ぶのも楽しいですよね。

近年は健康ブームとなり、健康茶の人気が急上昇しています。

しかし、ブームとは関係なく小さな子どもから高齢者までずっと人気であるのが『抹茶』です。

抹茶アイスや抹茶味のチョコレート、抹茶味の白玉もち、抹茶味のティラミスやソフトクリーム。

抹茶は飲み物でもありますが、スイーツとしても幅広いアレンジ商品がありますね。

スターバックスなどのカフェでも抹茶の飲み物が不動の人気です。

きな粉や生クリーム、黒蜜などとの相性もよく、日本の伝統を感じることもできます。

「そもそも抹茶って何?煎茶や緑茶との違いはあるの?」

「抹茶は体によい?効果や効能があれば知りたい!」

「抹茶にはカフェインが多く含まれていそう…妊娠中に飲んでも大丈夫?」

など、親しみ深い抹茶ですが、様々な疑問の声がネットでも上がっていますね。

知っているようで知らないことが多い抹茶について、深く知る機会となるように、今回は抹茶について詳しくご紹介していきます♪

抹茶と緑茶の違いや、抹茶の種類・歴史、美味しい入れ方や作法なども知って損はありません。

抹茶に秘められた効能や効果、またおすすめの飲み方なども合わせてみていきましょう。

抹茶が好きな人や抹茶について詳しく知識を得たい人、抹茶を自宅で美味しく飲んでみた人、まだ抹茶を飲んだことがない人など、様々な人の参考になれば幸いです。

抹茶とは

まずは、抹茶について定義や歴史を学び、日本の伝統文化に触れてみましょう。

抹茶の定義とは?

抹茶は緑のお茶ですが、緑茶や煎茶とはまた違った味や見た目をしています。

実は、日本茶業中央会において、抹茶の定義があるのです。

『覆い下で栽培された生葉を揉まないで乾燥した碾茶を茶臼で挽いて微粉状に製造したもの』とあります。

定義では茶臼で引いたものが抹茶とされていますが、これに限りません。

機械など別の方法で微粉末にしたものも「抹茶」としてよいことも表記されています。

この定義に当てはまっているものが、食品表示で「抹茶」と言えます。

抹茶とされて販売している商品の食品表示をよく見てください。

「加工用抹茶」や「工業用抹茶」、「食品用抹茶」という名前のものも販売されています。

これらは抹茶の定義には沿っていないものなので、本来の意味である抹茶とは違った商品なのです。

本格的な抹茶を楽しみたいときには食品表示に抹茶と書いてあるものを選ぶとよいでしょう。

抹茶の歴史は古い

抹茶の始まりは中国の唐の時代からと言われています。

中国の書物で8世紀頃に記された『茶経』には、茶葉を粉末にして煎じる方法がくわしく書かれてあります。

この時代には抹茶ではなく「団茶」とよばれていました。

宋の時代に入って10世紀ころに、団茶から抹茶と呼ばれるようになりました。

日本では、平安時代の初期に唐から団茶法が伝えられたといわれています。

抹茶法が伝わったのは、平安を過ぎて鎌倉時代に入ってからであり、日本の栄西が中国から茶種と作法を持ち帰って、日本に広めたという説が有名です。

この時代の抹茶は、茶色い色をしていたそうですよ。

抹茶には2つの用途がある

抹茶には粉末と飲料と2つの用途があり、どちらもよく食されていますね。

粉末の抹茶は、茶の葉を蒸してから乾燥させたものを茶臼で引いて作られています。

今は、缶などに入っているのでスプーンで測ってお湯を注ぎますが、江戸時代までは挽き立ての抹茶を飲んでいたそうです。

現代でも茶道として抹茶をふるまう際には、前日に茶臼で挽いたものを提供しています。

粉末抹茶は、洋菓子やアイスクリームなどのスイーツにも利用でき定番となっています。

飲料の抹茶は、いわゆる茶道で供している濃い色の抹茶です。

濃い緑色の濃茶と鮮やかな青緑色の薄茶の2種類があり、前者は「主」後者は「副」と呼んでいます。

抹茶は、一般的な飲み物としてではなく、おもてなしや自分へのご褒美として飲むほうが多いです。

抹茶に含まれている成分は?

抹茶は、他のお茶と比べると茶葉を砕いたものを飲むので、栄養素などをそのまま体に摂り入れることができるというメリットがあります。

抹茶に含まれている成分は下記のとおりです。

  • カフェイン
  • タンニン
  • ビタミン
  • ミネラル
  • テアニン(アミノ酸)
  • セルロース
  • サポニン
  • カテキン(ポリフェノール)
  • 香り成分(数百種類)
  • フッ素
  • GABA(Yアミノ酪酸)
  • 食物繊維

これらの成分をそのまま体に吸収することができるので、効果を期待できます。

効果や効能については後ほど詳しくご説明していきますね。

抹茶の製法とは?

抹茶の現代の作られ方について、ご紹介します。

碾茶に用いられている茶は、よしずやわらを使って直射日光を遮る方法で栽培しています。

玉露も同じ製法で「簀下十日藁下十日」とも言われています。

なぜ日影にしているのかというと、茶葉に日光が当たらないと葉緑体が少なくなり、茶葉が薄くなります。

茶葉の色が薄くなると同時に旨味やコクが増すのです。

良いころ合いになったら刈り取り、その日のうちに蒸します。

蒸した後は、揉捻といって茶葉を手などで揉む作業をせずに乾燥させます。

煎茶や玉露などは揉捻の工程作業があるので、ここも大きな違いのポイントです。

乾燥させたら、葉脈などを取り除いて葉のみにして、粉末状にします。

粉末にした後、さらに45℃前後で乾燥させて茶臼で挽いて完成です。

ただただ粉末状にしているわけではなく、たくさんの工程をへて私たちに届いているのです。

茶銘の意味

抹茶には、「初昔」や「後昔」「葵の白」「青海白」などの茶銘がついています。

茶畑のことを「茶園」と呼び、そこで栽培している人たちのことは「茶師」と呼ばれています。

茶銘の語尾に入っている「昔」と「白」にも、実は意味があるのです。

「昔」とつくものは濃茶、「白」は薄茶と区別して使われています。

抹茶の味~おいしい?まずい?

抹茶を飲んだことがない人は、どのような味がするのか気になりますよね。

濃い色をしているので、「苦そうだな~」というイメージが強いかもしれません。

実際に抹茶が好きな人の意見や苦手な人の意見をまとめてみました。

  • 甘くも苦くもなく、とても飲みやすくて美味しい!
  • 大人な味がする。
  • 抹茶味のお菓子など甘すぎて苦手だけど、抹茶は好き。
  • 豊かなうまみとあいまって新鮮な茶葉のさわやかな香りを感じることができる。
  • 苦いお茶が苦手だけど、抹茶はまろやかなので飲みやすい。

など多くの感想や意見がありました。

抹茶は、見た目ほど苦さはなく、クリーミーな味わいや甘さを感じることもできます。

苦いのが苦手という方も、まだ飲んだことのない方も、ぜひ一度飲んでみてください。

抹茶の9つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう?

先ほどご説明した通り、抹茶には多くの成分が含まれています。

さらに茶葉から抽出したものを飲むのではなく、茶葉そのものを飲むので、身体へどんどん吸収されます。

海外では「Macha」としてスーパーフードのひとつとなっています。

そんな抹茶の効果や効能をみていきましょう。

リラックス効果がある

抹茶には「テアニン」というアミノ酸の成分が含まれています。

テアニンはお茶の旨味を引き出す役割があり、うまみ成分でもあります。

緑茶などにも含まれていますが、抹茶は緑茶の10倍ほどのテアニンが含まれているのです。

他人は、脳の興奮を抑えて、緊張を和らげてくれる働きがあります。

そのため、抹茶を飲むとリラックスでき、癒しの効果があります。

テアニンを摂取することで、睡眠の質の向上ができるということも報告されています。

体も心も落ち着けたいときにおすすめの飲み物です。

眠気覚ましの効果

抹茶にはカフェインが含まれています。

カフェインは、脳の中枢神経を興奮させ覚醒してくれる働きがあります。

夜の勉強で眠気がさしたとき、仕事に集中したいときなどに飲む人と少しすっきりと目が覚めます。

眠くなる原因の一つであるアデノシンという成分があるのですが、カフェインはアデノシンの働きを阻害する力があります。

また、カフェインは身体に吸収されるのが早いので1時間かからない時間で効果を発揮します。

そのため、食事後に飲むのもよいですし、眠くなった時に飲んでも効果が期待できます。ポリフェノールによるアンチエイジング効果

抹茶にはポリフェノールも豊富に含まれており、強い抗酸化作用が期待できます。

ポリフェノールといっても、自然界には5,000種類以上存在しており、そのひとつカテキンが含まれています。

カテキンは様々なお茶に含まれており、苦み成分でもあります。

カテキンには抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗がん作用など様々な作用があります。

抗酸化作用とは、肌のシミや髪の毛つややかさなど酸化で起こる作用をストップする働きです。

そのため、シミやしわの予防に繋がり、アンチエイジング効果が期待できます。

便秘の予防や解消ができる

抹茶に多く含まれているカフェインは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進する働きがあります。

人間は胃に物がはいると大腸の蠕動運動が働き、便が肛門に送られます。

蠕動運動が弱い人はコロコロの硬いうんち、逆に蠕動運動が過剰になってしまうとやわらかうんちとなります。

便秘の場合には前者になるので、蠕動運動を促すことで便の排出を助けることになるのです。

さらに、抹茶に含まれているカテキンには善玉菌を増やす働きがあります。

善玉菌が増えることで腸内環境が整い、便秘になりにくい体つくりをすることができます。

さらに、抹茶には食物繊維も含まれているので、カフェインとカテキンと3つの力で便秘解消に役立ちます。

ダイエット効果が期待できる

抹茶に含まれているカフェインには、脂肪の燃焼を促進する効果があります。

カフェインは脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きを促し、脂肪を燃焼しやすくします。

また、脂肪の吸収を抑える働きもあるので、ダイエットにおすすめです。

「抹茶ダイエット」も流行していますね。

抹茶には砂糖や油分が入っておらず、カフェインの働きもあり、さらに食物繊維により、体内に老廃物がたまりにくい身体を作ることができます。

また、抹茶に含まれているカテキンは、糖が身体に吸収されるのを阻害する働きをもっています。

脂肪燃焼効果、脂肪吸収の抑制、砂糖や油分なし、食物繊維豊富、糖をコントロールと、様々な面からダイエットのサポートをしてくれます。

虫歯予防・口臭予防

虫歯は、ミュータンス菌が歯にくっつき、酸をつくりエナメル質を溶かすことでできます。

食後などに抹茶を飲むことで、カテキンがミュータンス菌の増殖を抑えることができます。

虫歯の予防、そして虫歯や菌から発生する口臭の予防に繋がるのです。

また抹茶にはフッ素も含まれています。

フッ素は、虫歯を予防する天然の元素であり、ミネラル成分のひとつでもあります。

海産物や農産物にも含まれており、知らない間にも日々取り入れている成分なのです。

フッ素は歯の質を強くする効果と虫歯菌が酸を出すのを抑える働きを持っています。

そのため、近年では幼児の歯磨きに、フッ素などを仕上げとして塗るようになりました。

―参照 フッ素って何?|一般社団法人熊本県歯科医師会ホームページよりー

抗ウイルス作用

カテキンは、虫歯の原因であるミュータンス菌だけでなく、細菌やウイルスの増殖を防ぎます。

インフルエンザウイルスやノロウイルスなどが体内に入ってしまうと、他の細胞にくっつこうとします。

カテキンを摂取していることで、ウイルスが細胞をくっつきにくい状態をつくることができます。

そうすると、細胞同士がくっつかずに増殖せず、結果風邪やインフルエンザなどの予防に繋がります。

冷え性の予防になる

抹茶を飲むと身体が温まるということも良く言われています。

その理由は、テアニンを身体に摂取すると、リラックスし、緊張が緩やかになります。

筋肉も弛緩する作用があり、血管が拡張して血流もよくなります。

そのため、足先などが冷えやすい人でも、血行がよくなるので温かくなってくるというわけです。

がんの予防に繋がる

近年研究により、ビタミンCやクロロフィル、βカロテン、ビタミンEなどの成分もがん予防効果があることが分かってきています。

お茶に含まれているカテキンにもデトックス効果や抵抗力増加などから、がん予防の効果があることも研究が進んできています。

サルフォード大学のマイケル教授は、「抹茶がヒトの乳がん細胞に与える影響は非常に顕著で、その活性成分が一部のがん細胞拡散の信号ルートを遮断する効果は、外科手術に似ている」と指摘しています。

抹茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫?

体によい効果や効能がたくさんある抹茶ですが、妊娠中やカフェインが苦手な人は、飲んでも良いのか気になりますね。

妊娠中、特に妊娠初期はカフェインの過剰摂取により流産のリスクが高まると言われています。

厚生労働省が推奨している1日のカフェインの摂取目安としては100㎎ほどです。

本題ですが、抹茶には粉末1gあたり32㎎のカフェインが入っています。

煎茶に比べると少し多く、コーヒーと同じくらいのカフェイン量が含まれています。

抹茶2g、お湯60mlでつくる薄茶を1杯として、カフェインが64㎎含まれているという計算になるので、妊娠中は1日で1杯程度を目安に飲むとよいでしょう。

また、ノンカフェインやカフェインレスの抹茶も市販品で販売されています。

カフェインが気になる時期や苦手な方は、カフェインレスの抹茶を楽しんでみてもよいですね。

抹茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方

抹茶は伝統的な飲み方を基本として頂きます。

最近はアレンジされた抹茶の飲み物もたくさんあり、様々な楽しみ方ができるようになりました。

抹茶のいただき方のマナー

抹茶には伝統的ないただき方がありますね。

何かの時に役に立つので、目の前に茶碗があると想像してやってみましょう。

①右手で茶碗を持って左手に乗せ、右手を添えたまま茶碗を少し上方に上げて感謝の意を表します。

②茶碗の正面に口をつけるのを避けるために、手のひらの上で時計回りに2度回します。

③何口で飲んでも大丈夫です。ただ、最後の一口をズズッと音を立てて飲み干し、飲み終わりの合図とします。

④飲み口を右手の親指と人差し指でふき取り、その指を懐紙で拭いて清めます。

⑤時計回りと逆に2度回して正面を手前に戻し、右手で茶碗を置きます。

この順番で飲みます。飲み終わった後に茶碗の柄などを楽しむこともお忘れなく!

ちなみに①の前に「お点前頂戴いたします。」と一言挨拶をしましょう。

飲み終わりにごちそうさまでしたの言葉は不要です。

その代わり、「ズズッ」という音をしっかり出すことが、「おいしくいただきました」の代わりとなります。

美味しい抹茶の点て方

抹茶を作るときに失敗してしまわないかと心配になってしまいます。

自宅で抹茶を点てる際の方法についてご紹介します。

①茶碗と茶筅をポットのお湯で温めて、綺麗な布で水気を拭き取ります。

②茶さじに軽く抹茶の粉2杯をすくって、茶こしでこしながら茶碗に入れます。

③沸騰したお湯は、別の茶碗にいれて温度を少し下げます。

④③のお湯を少し茶碗に入れて、茶筅でかき混ぜます。

⑤しっかりと混ざってから残りのお湯を注ぎます。

⑥左手で茶碗をもち、右手に茶筅をもってシャカシャカ音をたてながら泡を立てるように混ぜます。

⑦初めは大きな泡が出ますが、繰り返すうちに細かな泡になります。

⑧最後に中央で円を描くようにして茶筅をたて持ち上げて出来上がりです。

抹茶のアレンジにはどのようなものがある?

抹茶のアレンジは幅広く、インターネットでも様々なレシピが公開されています。

例えば、コーヒーと抹茶を混ぜたカフェモカ、抹茶アイス、抹茶の生キャラメル、抹茶ドレッシングなど、

ちょっと違ったレシピもあります。

お酒に混ぜてカクテルにする、天ぷらなどの料理の調味料としても使用されています。

抹茶好きであれば、様々なお菓子や料理に抹茶を活かしてみてはいかがでしょう。

いつもと違った味わいを楽しむことができますよ。

抹茶は楽天やamazonで買える?おすすめ3選

抹茶の粉末や抹茶で使う道具などは、ネットショッピングでも購入することができます。

スーパーなどで見かけるものもありますが、抹茶は種類も豊富なので、選ぶのに困ることもありますね。

そこで、人気のある抹茶をいくつかご紹介していきます。

香月園の宇治抹茶 100g

パウダータイプの抹茶で白いアルミ袋に入っています。

抹茶として味わうのもおいしいのですが、こちらの抹茶は焼き菓子を作るときの材料として人気が高く、

扱いやすい上美味しいと評判です。

香りが良いので抹茶カプチーノなどにして飲んでも美味しいですよ。

詳しくはこちらからどうぞ。

丸久小山園の抹茶 青嵐100g

丸久小山園が販売している青空という茶銘の抹茶です。

茶道を学ぶ学校やお稽古にも利用されている抹茶で、苦みが少なく飲みやすいと評価も高いです。

たくさん入っているのでコスパが高く、人気の商品です。

詳しくはこちらからどうぞ。

【高級抹茶】朝比奈 100g

巣鴨のお茶屋さん山年園が販売している静岡県朝比奈の抹茶です。

綺麗な青緑色の水の色をしていて、そのまま飲んでも、お菓子や料理にも利用できます。

思った以上の品質で、色合いや味がとても美味しいと評判です。

詳しくはこちらからどうぞ。

まとめ

抹茶は知っているようで意外と詳しく知らないという人が多いようです。古い歴史や、粉末になるまでの何段階もある工程、身体への効果や効能を知ると、ちょっと得した気分で抹茶を味わることができます。

自宅でも点てることができるので、ぜひ家族や親せきなどにもふるまってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です