未分類

黒茶とは~9つの効果・効能と味、作り方やおすすめの飲み方まとめ

日本だけでなく、世界にはまだ知らない人も多いお茶の種類がたくさんあります。

普段何気なく飲んでいるお茶であっても、お茶の製造過程や生産されている場所などがそれぞれ違います。

中国は世界の中でも、たくさんの種類のお茶が存在しています。

一般的には中国茶は、製造の違いによって、青茶や緑茶、白茶、黄茶、黒茶、紅茶の6種類に分けられており、

中国茶の『六大分類』という名前で分類されています。

中国のお茶は文化や歴史を知る良い材料でもあります。

六代分類の中で、今回は『黒茶』について詳しくご紹介していきます。

黒茶と聞くと、黒いお茶であり烏龍茶のようなイメージが湧く人も多いでしょう。

「黒茶ってどんなお茶なの?日本でも飲まれている?」

「黒茶はどのような製造過程で作られているの?」

「黒茶に秘められている身体によい効果はある?」

など、中国茶には種類が多いため、黒茶についての疑問が多く出てくるかと思います。

日本でも意外と身近にあり、飲んだことがあるという人も多いであろう黒茶。

どのようなお茶なのか気になってきましたね♪

黒茶とはどのようなお茶なのか、黒茶の歴史、黒茶の銘柄や製造工程、黒茶の飲み方、市販のおすすめの黒茶など、黒茶のあれこれについて詳しくみていきましょう。

さらに、お茶がもたらす効果を知ることで、ちょっと得した気分で飲んでみてはいかがでしょうか。

海外や中国のお茶に興味がある人、お茶が好きな人、中国に旅行する予定がある人、

いつもと違ったお茶を味わってみたい人などの参考になれば嬉しいです。

黒茶とは

黒茶は発酵度が高いお茶?黒茶の特徴について

黒茶は「くろちゃ」や「こくちゃ」と呼ばれており、中国やタイ、ミャンマーを主産地としています。

黒いお茶と書くのでウーロン茶を想像してしまいますが、ウーロン茶は青茶のひとつとなります。

黒茶は、麹菌により数か月発酵させるという後発酵製法によって作られています。

黒茶は大きく二つに分けられ「熟茶」と「生茶」に分類されています。

黒茶として有名なお茶はプーアル茶で、日本でもよく飲まれていますね。

熟茶は麹菌の働きにより発酵を早めさせるため、独特な香りが特徴のお茶です。

生茶は、茶葉本来の酵素で発酵させたもので香りは熟茶よりも軽く飲みやすいお茶です。

どちらも発酵度が80100%と高めであり、中国茶の中で一番発酵が高いお茶です。

ちなみに、緑茶は発酵度0%でその次に、白茶→黄茶→青茶→紅茶→黒茶と続きます。

黒茶の特徴としては、長期保存ができることです。40年物などもあります。

年代物の黒茶も多く存在し、ワインのように高い価値が付けられて楽しまれています。

黒茶の生産地

黒茶の主な産地は、雲南省や四川省、広東省、広西チワン族自治区、湖南省など中国が主です。

高温皇室のトンネルなどで発酵され生産している地域もあります。

また、タイの北部やミャンマーの北部でも生産されており、食用にしている地域もあります。

さらに、日本でもわずかですが、生産されています。

主に四国で生産されており、徳島県で「阿波番茶(阿波晩茶)」が作られています。

高知県では、「碁石茶」という黒茶が作られています。

他にも、愛媛県の天狗黒茶や富山県のバタバタ茶など、日本だけでも銘柄が豊富です。

黒茶の代表的な銘柄は?

代表的な銘柄は、「雲南プーアル茶」と「ろっぽ茶」の2つがあります。

雲南プーアル茶は、雲南省南部のプーアル県がお茶の栽培が盛んで、地域から名前をとり、

プーアル茶と呼ばれるようになりました。

地域の名前が付けられているだけなので、製造方法がそれぞれ違い、茶葉の形状などもバラバラです。

何年も寝かせたプーアル茶は熟成した味わいとなり、40年物が市場に出ることはとても稀です。

熟茶の香りはまろやかでほのかみ甘味を感じる独特の香りで、味は苦みなどもなくまろやかです。

生茶は、すがすがしい香りで発酵度が低いものはピリッとした刺激を感じるものもありましす。

歴史はとても古く、プーアル茶は明の時代(15731620年)に名前が付けられました。

ろっぽ茶(六堡茶)は、歴史も長く陳香という独特な熟成した香りが特徴のお茶です。

お茶の水色は、プーアル茶と少し違い、赤みを帯びた琥珀色をしています。

中国以外でも香港やマカオでよく飲まれている銘柄で、芳醇でこくのある味わいです。

消化を助ける効能があることから、減肥茶として以前売られていました。

黒茶の製造工程

中国茶はそれぞれ製造工程が違うのが特徴で、黒茶は以下のような工程で作られています。

殺青→初揉・揉捻→堆積→復捻・揉捻→乾燥の5段階の工程を経て作られています。

殺青は茶葉を加熱する作業をし、茶葉に含まれている酵素の働きを一度止めて酸化を抑制します。

初揉や茶葉を機械や手を使って揉み、茶の成分が出てくるのをよくする作業です。

堆積は茶葉を積み重ねることにより、発酵を進めていきます。ここで黒茶の風味が出てきます。

生茶は堆積せずに、熟茶のみ行われる製造工程です。

復揉は、もう一度茶葉を揉む作業です。

乾燥は、最後にしっかりと乾燥させることで保存性を高めます。

黒茶の味~おいしい?まずい?

黒茶は日本でも飲まれているお茶なので、どのような味なのかなんとなく想像がつく人も多いでしょう。

代表するプーアル茶の味を思い出してみてくださいね。

黒茶のお茶は、まろやかでコクと甘みのある味で、本場のウーロン茶にも少し似ています。

生産地や加工地によって、発酵度も違うため、味わいが少しずつ異なりますが、

それは黒茶のひとつの楽しみとして親しまれています。

初めて飲む人は不思議な味わいに驚くかもしれませんが、意外と癖になってしまうこともあります。

黒茶やプーアル茶が「カビくさいや、ほこりっぽい味がする。」と言われることもあるのですが、

正式な製造工程で作られて、しっかりと保存されているのであれば、カビ臭い味はありませんよ。

まれに、中国から輸入される時点でカビ臭さが増す場合や、香港など高温多湿の地域で作られ、

保管の途中でカビが生える場合もあるようです。

また、銘柄や茶葉の種類によっては、美味しくないと感じてしまう人もいます。

なんだか飲みにくい、湿布みたいな味がして苦手などの意見がありました。

ただ、烏龍茶のように日本でも親しまれているお茶なので、どちらかというと苦手な人は少なく、

多くの人は、中国料理や油っこい料理と一緒に楽しまれています。

黒茶の9つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう?

黒茶には様々な身体によい効果や効能があります。

今回は黒茶の代表として、プーアル茶を取り上げて、プーアル茶の効能についてご紹介します。

脂肪燃焼効果が期待できる

黒茶は後発酵され作られており、脂肪分解酵素であるリパーゼを多く含んでいます。

また、お茶にはカフェインが含まれています。

カフェインは、リパーゼの働きを促すので、体内の脂肪を燃焼しやすくなります。

そのため、運動前や食事前や食事中などに黒茶を飲むことで、体内に脂肪がたまるのを防ぐことができるのです。

また、脂肪が体内に吸収されるのを抑制する働きももっているので、ダイエット中におすすめの飲み物です。

プーアル茶などのお茶に含まれているカテキンには、体内に取り込まれた脂肪を分解させずに、

体外へ押し流す働きもあり、脂肪吸収を抑制する効果もあります。

リパーゼ、カフェイン、カテキンの3つの役割を持つので、脂肪燃焼効果が期待できますね。

便秘の予防・解消

カフェインには『眠くならない、目が覚める』という効果以外にも様々な作用があります。

そのひとつに、便秘の予防や解消に効果的であることが分かっています。

カフェインには、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進させる働きがあります。

人間は胃に物が入ると、大腸の蠕動運動が働き、便が徐々に肛門に送られていきます。

しかし、便秘気味の際には蠕動運動が活発に行われていない場合もあるので、

カフェインを摂取することで便の排出を助けることができるのです。

さらに、お茶に含まれているカテキンには腸の善玉菌を増やす作用があります。

善玉菌が増えることで、悪玉菌を退治していくので、自然と腸内環境も整っていくのです。

カテキンはポリフェノールの一種であり、胃腸の働きを活性化する作用があるのです。

眠気覚ましになる

黒茶にはカフェインが含まれているので、眠気覚ましの効果もあります。

カフェインは、脳の中枢神経を興奮させる働きがあり、覚醒してくれます。

眠くなる原因は『アデノシン』という成分です。

カフェインはアデノシンの成分を阻害する働きを持っています。

そのため、夜に勉強に集中したいときやランチ後の眠気で仕事に集中できない時、

運転中に眠くなった時などに飲むと、目がすっきりと冴える感じがあります。

黒茶だけでなく、カフェインが含まれている紅茶やコーヒーなども同じ作用が期待できます。

また、カフェインは体に1時間かからない程度で吸収されるので、効果も早く出ます。

アンチエイジング効果

自然界には5,000種類以上のポリフェノールの数が存在し、カテキンはそのひとつです。

カテキンには抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、肌のシミやしわ、髪のつややかさなど酸化によって起こる現象を止める、

いわゆるアンチエイジング効果の力なのです。

酸化とは錆びることと言われ、女性にとってはあまりうれしくない言葉ですが、

酸化を止めることにより、シミやしわができにくく、美しい身体を維持することができます。

虫歯や口臭の予防

カテキンには、ミュータンス菌の増殖を抑える働きもあります。

虫歯は、ミュースタンス菌が歯にくっつき酸を作り、歯の表面のエナメル質を溶かしてできます。

唾液などがとどまる夜の間に、ミュースタンス菌は増殖し、乾燥した口内でも増えていきます。

増殖を抑えることで、虫歯や菌からでる口臭の予防ができるのです。

食後や口の乾燥を感じたときなどに、カテキンを含む黒茶やお茶などを飲むことで効果が期待できます。

抗ウイルス作用

お茶に含まれているカテキンは、様々な細菌やウイルスの増殖を防ぐ働きももっています。

インフルエンザウイルスやノロウイルスなどが体内に入ってしまうと、他の細胞にくっつき、

ウイルスを増殖しようとしていきます。

カテキンを摂取していることで、ウイルスが細胞をくっつきにくい状態をつくることができます。

細胞同士がくっつかず増殖できないので、結果風邪やインフルエンザになりにくい身体を作ることができます。

むくみ解消やデトックス効果がある

プーアル茶にはタンニンが含まれています。

タンニンは、お茶を飲んだ時に感じる渋みの成分です。

先ほどご紹介したカテキンは、タンニンの1種であります。

タンニンは新陳代謝をよくする働きがあり、老廃物を身体の外に出す働きがあります。

そのため、身体に溜まった必要ない水分などが体外に出やすくなり、むくみ解消に繋がるのです。

抗アレルギー作用がある

タンニンには、抗アレルギー作用があることが報告されています。

お茶10杯分のタンニンを摂取することで、アレルギーの発症を半減させたという研究があります。

タンニンは『ヒスタミン』というアレルギー発症の原因を抑制する働きがあります。

そのため、アレルギーの発症が抑えられるので、抗アレルギー作用が期待できます。

冷え性にも効果的

黒茶のような発酵されたお茶には、身体を温める作用があります。

タンニンによって、血流がよくなり新陳代謝も活発になります。

カテキンの働きで、脂肪吸収を抑え、血液がサラサラの状態になるという3点から、

女性の大敵である冷え性にも効果があるとされています。

冷え性の場合には、温めた黒茶を飲むと、より効果が期待できるでしょう。

黒茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫?

黒茶やプーアル茶が好きな女性は、妊娠や授乳中となるとカフェイン量が気になってきます。

妊娠初期のカフェインの多量摂取は、流産のリスクが高くなると言われ、

摂取量が目安として決められていますね。

妊娠中は1日あたり100㎎程度がよいとされています。

コーヒーであれば、150mlあたり、約90㎎のカフェインが含まれています。

そのため、11杯程度が目安の量となります。

プーアル茶は、生茶と熟茶でカフェイン量が違います。

生茶であれば、150mlあたり30㎎、熟茶であれば1530㎎ほど含まれています。

コーヒーに比べると少ないので、13杯ほど飲んでも大丈夫という計算になります。

発酵度が低いほどカフェイン量は多くなるので、含有量が気になる場合には、

熟茶を選ぶと良いでしょう。

黒茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方

黒茶の美味しい入れ方をご紹介します。

①急須やガラスの急須に沸騰したお湯をいれてあたためます。

②①のお湯を湯のみにいれて温めてから捨てます。

③急須に茶葉(150㏄あたり3g)を入れて、沸騰したてのお湯をいれて、すぐにお湯を捨てます。

④再度、急須にお湯をいれて1分ほど蒸らします。

⑤湯のみに、少しずつ注いでいき出来上がりです。

③の工程で、一度沸騰したお湯をいれてすぐにすてるのですが、

そうすることで茶葉についている汚れを落とすことができます。

温かい黒茶も美味しいのですが、アイスで飲んでも美味しいと評判です。

ティーバッグなどもあり、水出しできるものもあるので、いろいろな飲み方で飲んでみてくださいね。

黒茶は楽天やamazonで買える?おすすめ2

黒茶は中国まで足を運ばなくても、自宅で取り寄せて味わうことができます。

おすすめの黒茶をご紹介していきます。

徳用 プーアル茶 黒 3g×60

中国産のプーアル茶を100%しており、水出しでも煮だしでも飲むことができるお茶です。

子供も飲みやすい味で、水筒に入れて学校にもっていかせているご家庭もあります。

夏場にもがぶがぶ飲むことができる美味しさで、味はウーロン茶に近い味飲みやすいです。

値段の割にたくさんの量が入っているのでコストパフォーマンスも良く人気のお茶です。

詳しくはこちらからどうぞ。

雲南省産 プーアル茶

まるっこい形で可愛く梱包されている黒茶です。

1杯ずつティーバッグになっているので、マグカップでも手軽に飲むことができ、

5煎まで美味しくいただくことができます。

台湾茶専門店が販売していますが、雲南省産ではあります。

ミルクを入れても美味しく飲むことができ、焼酎割りにも合い、クセがないのも特徴です。

詳しくはこちらからどうぞ。

まとめ

中国茶のひとつである黒茶は、日本でもなじみのあるお茶で、プーアル茶を代表としています。

コクがありまろやかで比較的飲みやすいのですが、種類によって味が異なるのも特徴のひとつです。

また、ダイエット効果や便秘効果も期待でき、さまざまな効能があるので、

健康茶や美容茶としても人気を集めています。ぜひ飲んでみてくださいね。