未分類

ごぼう茶とは~8つの効果・効能と味、作り方やおすすめの飲み方まとめ

近年、日本や世界は空前の健康ブームとなっており、運動や食事・健康茶などの人気も上昇しています。

日本に住んでいるわたしたちがよく飲んでいる緑茶も健康茶のひとつです。

健康茶には他にも青汁やウーロン茶、十六茶などさまざまなお茶の種類がありますね。

それぞれに特有の効果や効能をもち、また独特な味わいをもっているものもあります。

そのため、好みが分かれており、場面や気分などに合わせて飲み分けすることも可能です。

健康茶のひとつでありその効果からも人気が上がってきている『ごぼう茶』をご存知ですか?

「ごぼう茶ってどんな味がするの?ごぼうが苦手な人でも飲むことができる?」

「ごぼう茶はお通じに良いって聞いたけど本当?」

「ごぼう茶にはカフェインがはいっているの?美味しい飲む方も知りたい!」

など、ネット上でもごぼう茶に関する疑問の声が多く上がっています。

ごぼう茶という名まえのお茶があることは知っているけど、飲んだことがない人も多いようです。

想像以上に効果が期待できるごぼう茶なので、もし気になっているかたがいれば、これを機に手に取ってみてはいかがですか?

妊婦さんやカフェインが苦手な人は、カフェイン量も気になるところですね。

健康茶に興味があるかた、美容に良いお茶を探しているかた、いつもと違ったお茶を飲んでみたいかた、ごぼうが好きでお茶も好きな人などの参考になれば幸いです。

ごぼう茶とは

ごぼう茶は、以前テレビなどの放送でダイエットにおすすめと紹介されてから、注目が集まるようになりました。

そもそもごぼう茶とはどのような飲み物なのか、詳しくみていきましょう。

ごぼう茶の作られかた

ごぼうは体に良い根菜とされ、さまざまな和食に使われています。

海外ではあまり食べられることはないのですが、日本では食卓でよく登場する食材のひとつです。

きんぴらごぼう・豚汁・サラダ・ごぼうのたたきなど、さまざまな料理に変身してくれます。

料理にするさいには、基本的にごぼうの皮は包丁やピーラーで剥いてしまいますよね。

実は、ごぼうの栄養素は皮と皮に近い実の部分に、たくさん含まれています。

そのため、皮をむいてしまうと、身体に嬉しい成分が捨てられてしまうのです。

といっても、皮をそのまま料理に入れてしまうと、硬くて土臭くて食べられません。

そこで注目されるようになったのが、ごぼうの皮ごと抽出されるごぼう茶でした。

ごぼう茶は、ごぼうの皮もまるごと使って作られています。

ごぼう以外には何も入っていません。(メーカーにより保存料が入っています。)

ごぼうをささがきにし、乾燥させ、フライパンで乾煎りしてつくられます。

パウダー状になったものも販売されていますが、乾煎り後のごぼうで煮だすことができます。

自宅でも簡単に作ることができるので、のちほどご紹介しますね♪

アレルギーに注意しましょう

ごぼう茶を飲むにあたってひとつだけ注意してください。

ごぼうはキク科の植物です。

キク科はアレルギー症状を起こす可能性があるため、キク科でアレルギーがある場合には注意しましょう。

近年は花粉症と口腔アレルギーに深い関係があることが分かってきており、ウリ科やキク科、ミカン科なども注意が必要とされています。

症状としては、むくみや息苦しさ、肌が赤くなる、頭痛や発熱などが現れます。

まれに、症状がひどくなるとアナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、初めて飲む人や、最近花粉症になった人などは少しずつ飲んで様子をみるところから始めてくださいね。

―参照 ごぼうアレルギーとOAS|桑原皮膚科クリニック公式ホームページよりー

ごぼう茶に含まれている成分

ごぼう茶には身体によいとされる下記のような有効成分が含まれています。

  • サポニン
  • 食物繊維(不溶性と水溶性の両方)
  • イヌリン
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン
  • アルギニン
  • アスパラギン酸
  • ポリフェノール
  • グルタミン酸
  • ビタミン類

ー参照 ゴボウの栄養価と効用|旬の食材百科公式サイトよりー

ごぼう茶の味~おいしい?まずい?

ごぼう茶というと「ごぼうの味が強いのかしら?」「それとも漢方薬のような味かしら?」と、飲んだことがない人にとっては、未知の世界ですよね。

ごぼう茶の味ですが、ごぼうの味がしっかりとします!

そのため、ごぼうが苦手なかたは、ごぼう茶も苦手である可能性が高いです。

ごぼうを炒っているので、香ばしい味わいがします。

さらに、飲んだ後には口の中から鼻にかけてごぼうの香りがいっぱい広がります。

実際に飲んだことがある人の意見をご紹介します。

  • ごぼう茶はごぼうそのものの味だ!
  • 土臭くて飲めたものではない…
  • 口当たりがマイルドで、意外とクセになってしまう味。
  • お店で飲んだごぼう茶ラテ。ふんわりとした優しい味で美味しい。
  • ごぼう茶を初めて飲んでみた。匂いも味も土!土!土!
  • ごぼう茶を初めて飲んでみたんだけど予想以上にごぼうの香りと味があって驚いた。

ごぼうの香りや味が好きな人や、ウーロン茶などの香ばしい味わいは好きな人などは、美味しく飲むことができそうですね♪

香りからガツンとごぼうがやってくるので、まずは香りから楽しんでみてください。

ごぼう茶の8つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう?

ごぼう茶には、身体によいとされる成分が豊富に含まれています。

それぞれ、どのような効果や効能が秘められているのか具体的に説明していきます。

便秘に効果的

ごぼう茶には食物繊維が含まれており、便秘の予防や改善に繋がります。

妊娠中や生理前後など女性に多い便秘ですが、最近は子どもや男性もよくなると耳にするようになりました。

ごぼう茶には水に溶ける水溶性の食物繊維と、逆に溶けない不溶性の食物繊維の2種類が含まれています。

水溶性食物繊維は「イヌリン」という成分です。

ごぼうだけでなく、にんにくやチコリ・玉ねぎにも多く含まれています。

イヌリンは水溶性なので、体内に吸収されやすく、スムーズな排便を促進してくれます。

さらに、イヌリンは胃腸の消化液に強い性質を持つので、腸までしっかりと届くのです。

腸に届いたイヌリンは、フラクトオリゴ糖に分解され、善玉菌のご飯となります。

その結果、善玉菌がふえて、腸内環境をよくし、お腹の調子を整えてくれます。

イヌリンは100%腸内細菌に利用されるため、食物繊維の中でも優秀な成分です。

また不溶性の食物繊維は別の面から、便秘の改善をおこないます。

不溶性の食物繊維(例えば豆類や根菜、キノコ類など)は、腸の蠕動運動を活発化するので、便を外に押し出す働きをしてくれるのです。

2種類の食物繊維の力で、便秘の解消や予防につながるのです。

筆者も便秘中にごぼう茶を飲んだのですが、驚くほど効果があり、お腹がすっきりした経験があります。

逆に下痢気味のかたは、便がとまらなくなることもあるので、控えた方がよいかもしれませんね。

―参照 水溶性食物繊維 イヌリン|株式会社 明治公式サイトよりー

利尿作用によりむくみの解消となる

ごぼう茶は、緑茶のように茶葉からできたものではないので、利尿作用はなさそうですが、別の成分により利尿作用があります。

ごぼうに含まれているカリウムにより、利尿作用が促進されるのです。

トイレが近くなるので、あまり飲まないようにしているという人もいますが、実は利尿作用はむくみ対策になります。

実はそんなに太っていなくても、むくみがひどいため太って見えるむくみ太りが気になる人も多いようです。

血管を拡張する働きがあり腎血流が増加、そのためナトリウムの再吸収を抑える働きがあります。

さらに、尿の生成量が増え、排尿の回数や数が増えるのです。

尿の量が増えることで身体にたまっている老廃物を外に出すことができます。

そのため、むくみが解消され健康によくすっきりとした体形を保つこと可能です。

ただし、飲みすぎると利尿作用が働きすぎて、脱水症のリスクが高まることも考えられています。

飲みすぎて夜中トイレに何度も行く場合もあるでしょう。

また頻尿気味の人は、さらにトイレが近くなる可能性もあるので、飲みすぎには注意して適度に楽しんでくださいね。

―参照 尿の排泄によるデトックス作用|大塚製薬サイトよりー

健康な骨づくりができる

ごぼうには、「カルシウム」と「ビタミン類」も豊富に含まれています。

骨の強化と成長に欠かせないカルシウム、そしてカルシウムの働きを促進するビタミンCの両方が含まれている食品は、なかなか多くはありません。

カルシウムを多く含む食品としては、魚や納豆、牛乳やチーズ、小松菜やわかめなどもあります。

カルシウムが多く含まれている食品を摂取していたとしても、実はカルシウムは吸収率がとても悪いのです。

腸へのカルシウムの吸収率を上げるために必要な栄養も一緒に摂ると良いとされています。

しっかりとカルシウムを吸収することで、骨粗鬆症の予防だけでなく、糖尿病やアルツハイマー病など、様々な生活習慣病の予防になることも分かっています。

―参照 どうカルシウムをとればよいの?|公益財団法人骨粗鬆症財団公式サイトよりー

中性脂肪の低減効果がある

中性脂肪が気になる方やダイエット中の方にもごぼう茶はおすすめです。

ごぼう茶そのものがノンカロリーであり、さらに便秘の予防やデトックス効果もあることから、それだけでもダイエット効果が期待できます。

さらに、ごぼう茶に含まれているイヌリンは、血中の中性脂肪を減らす効果が期待できます。

また減らすだけでなく、脂肪の吸収を抑制する効果ももっているのです。

イヌリンはテレビ番組でも紹介されており、少しずつ認知度が高まってきている成分なのですよ♪

もうひとつ、ごぼう茶にはサポニンという成分が含まれています。

サポニンは、腸で吸収されたブドウ糖が脂肪酸と、くっつくのを防ぐ働きがあります。

そのため、余分な脂肪が蓄積されるのを防いでくれるのです。

サポニンは、脂肪燃焼を促進する働きをもつアディポネクチンの分泌も促進します。

さらに、サポニンには抗酸化作用があります。

血液中の脂肪やコレステロールは、酸化によって悪玉コレステロールになり、血管内に脂肪がたまってしまいます。

しかし、サポニンの抗酸化作用により、酸化をとめ悪玉コレステロールの生成を防いでくれるのです。

イヌリンとサポニンの力により、ダイエット効果が期待できます。

糖尿病の予防に繋がる

日本の暮らしは昔と大きく変わり、食習慣や運動習慣などの変化から、生活習慣病という言葉が出てきました。

その中に糖尿病があります。

糖尿病は、膵臓のインスリン分泌が低下することにより、糖の分解スピードが遅くなってしまい、分解しきれない糖が血液中に流れ出てしまう病気の事です。

イヌリンは腸で水分を吸収することでゲル状になります。

そのため、ゆっくりと消化されるため、インスリンの分泌も少量で平気なのです。

膵臓への負担も少なく、糖が血液中に流れ出すことを避けることができるので、糖尿病の予防に繋がります。

―参照 今回のテーマ【イヌリン】|パレスサフラン公式サイトよりー

冷え性に効く

女性に多い冷え性は、年齢を重ねていくとなりやすく、職場で同じ体勢の人などにも多くみられますね。

ごぼう茶には「サポニン」という成分が入っています。

サポニンは、マメ科などの植物に多く含まれておりコーヒーなどの苦み成分でもあります。

サポニンは、血液中に血栓ができるのを抑制する力があります。

さらに毛細血管の血流をよくする働きもあるので、身体の血流が良くなり、冷え性対策に繋がるのです。

血液サラサラ効果もあるので、ごぼう茶は体調管理のための常備飲料としてもおすすめです。

血流がよくなるので、「母乳が出やすくなった!」「乳腺炎が治った!」という話も耳にします。

免疫細胞を活性化させる

サポニンは、免疫機能のあるリンパ球のひとつナチュラルキラー細胞を活性化します。

そのため、免疫力があがり、インフルエンザなどのウイルスや細菌からも身体を守ってくれるのです。

全身に張り巡られたリンパ管にナチュラルキラー細胞は存在しています。

外敵がいないか警戒しながら体中を巡る警備員のようなものですね。

疲れや体調不良から免疫力が低下することもあるので、そんなときに飲んでみてください。

―参照 おさらい|その原因Xにあり!フジテレビ公式サイトよりー

肝機能の向上

サポニンは、過酸化脂質を抑制する働きをもっています。
この過酸化脂質は、中性脂肪やコレステロールが、活性酸素により酸化されたもので、肝臓に影響します。

肝臓に、脂肪がたまった脂肪肝の状態になってしまう可能性があります。

脂肪肝になると、肝臓の脂肪が酸化し、延焼しやすくなってしまいます。

そのため、肝機能が下がってしまうのです。

サポニンが、肝機能低下の原因となる過酸化脂質を抑制するので、肝機能も向上されていきます。

―参照 サポニンと効果と摂取量|公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネットよりー

ごぼう茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫?

むくみやダイエット効果、デトックス効果もあることから、妊婦さんにも嬉しい効能がたくさんあります。

しかし、妊娠中やカフェインが苦手な人が気になるのは、ごぼう茶に含まれているカフェイン量。

妊娠中、特に妊娠初期のカフェインの過剰摂取は、流産のリスクが高まるため、厚生労働省などでも注意喚起されています。

1日当たりの推奨量としては、約100㎎以内であれば大丈夫とされています。

一般的にごぼう茶はノンカフェインです。

ごぼうから作られており、ごぼう自体にカフェインが含まれていない為入っていません。

カフェインを摂ると眠気が覚めてしまい、よる寝つきが悪くなることもありますが、その心配もありません。

血流がよくなり身体が温まるので、寒い冬の夜のナイトティーとしてもおすすめです。

ただ、ごぼうの香りが強いので、つわりにより苦手な人もいるようです。

まずは香りから試してみて、大丈夫そうであれば飲んでみてくださいね♪

大きな副作用はありませんが、アレルギーには注意しましょう。

また、飲みすぎてしまうと下痢になってしまったり体調が悪くなったりすることもあるので、自分の体と相談しながら飲み進めてくださいね。

ごぼう茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方

ごぼう茶は自宅でごぼうから作ることもできますが、手軽にできるティーバッグタイプもあります。

薬局や大型のスーパーマーケットのお茶コーナーや、健康コーナーで見かけるようになりました。

ごぼう茶のいれ方や作り方についてご紹介しますね。

ごぼう茶のいれ方

急須でいれる場合には、200㏄の熱湯を急須にいれ、ティーバッグ1袋をいれます。

その後、30秒から1分ほど蒸らせば完成です。

蒸らす時間が短くても美味しくいただけます。

長く蒸せば、さらにごぼう感が強くなりますよ。

またアイスで飲みたい場合には、上記のようにホットでいれたごぼう茶の粗熱をとってから、冷蔵庫などで冷やして作ります。

ごぼう茶のいれ方は難しいことは何もないので、手軽に飲むことができますよ。

ごぼう茶の作り方

ごぼう茶は、自宅にごぼうが余っていれば、簡単に作ることができます。

ごぼう1本で、ティーカップ4杯分ほどのごぼう茶を作ることが可能です。

作り方は、ピーラーを使用してごぼうを薄くスライスします。

次に耐熱皿に広げて、電子レンジで3分ほど加熱しましょう。

フライパンを弱火に加熱して、油をひかずにごぼうをいれて、焦げないように乾煎りしていきます。

良い香りが部屋中に広がり、そのうちごぼうに含まれている水分が抜けて、ぱりぱりの状態になってきます。

ぱりぱりになったら、フライパンから取り出しましょう。

鍋に水を500ml沸かし、ぱりぱりになったごぼう10gをいれて、煮だしていきます。

3分前後でよいのですがお好みで時間を調節して、色が出てきたら完成です。

「出殻まで使い切りたい!」という方は、カレーやスープ、みそ汁やきんぴらなどにいれて、最後まで無駄なく味わうことができますよ。

ごぼう茶は楽天やamazonで買える?おすすめ4選

ごぼう茶のほとんどは国産なのですが、実は種類が豊富で、どれを飲んでよいのか迷ってしまうほど。

人気のごぼう茶をピックアップしてご紹介します。

石垣食品 国産ごぼう茶 徳用

Amazonのごぼう茶カテゴリでベストセラー商品の、石垣食品のごぼう茶です。

1,400円前後で50パックティーバッグが入っています。

粉末状なので、ホットミルクに混ぜても美味しいですし、そばのつゆやお味噌汁にいれても美味しくいただけます。

炊き込みご飯の際に、調味料と一緒に加えると、よい香りが楽しめますよ♪

乳腺炎に効果があった!体重が減った!など、口コミも高評価です。

詳しくはこちらからどうぞ。

あじかん 国産焙煎ごぼう茶

三角のティーバッグタイプで20袋入っています。

煮だしと水出しができるので、夏場にもさっと作れて便利です。

水出しは2時間ほどで出来上がります。

クセが少なく飲みやすいのですが、ごぼうの味はしっかりとしています。

リピーターが多い商品で、クセになる味と人気です。

初めてごぼう茶を飲んでみようかなと考えているかたにもおすすめ。

詳しくはこちらからどうぞ。

オーガライフ 国産 ごぼう茶

ギフト用のごぼう茶として人気のオーガライフのごぼう茶。

遠赤焙煎と深蒸しの製法で、香ばしく甘みを感じるため、飲みやすいと評判です。

ごぼうを作る農園は、国産有機栽培原料や有機のお茶を扱う有機JAS認定工場です。

麦茶に近い味わいで、味は軽やかでとてもおいしいため飲みやすい味わいです。

リピーターも多く、乳腺炎や体質改善に良いとレビューも高評価です。

詳しくはこちらからどうぞ。

八百屋さんの九州産ごぼう茶 さがん農園50包

九州産のごぼうを100%使ったごぼう茶で、50包と大容量です。(基本は30包で、現在+20包となっています。)

九州宮崎県のさがん農園で作られており、燦々と輝く太陽の下で育ったごぼうが使われています。

手頃な価格なので、毎日飲むにも嬉しく、家族みんなで飲む場合にもお安くすみます。

お通じが改善した、今まで飲んだごぼう茶よりも香ばしくておいしい!などの意見が多くありました。

詳しくはこちらからどうぞ。

まとめ

ごぼう茶は、飲む前からごぼうの香りがし、飲んだ後もごぼうの香りが鼻に抜けるお茶です。

ごぼう好きにはたまりません!

さらに、効果や効能も多く、サポニンやイヌリンが豊富に含まれています。

カフェインも入っていないので、妊婦さんや夜寝る前などに飲むことも可能です。ぜひおうちで楽しんでみてくださいね。