玄米茶とは~10つの効果・効能と味、作り方やおすすめの飲み方まとめ

日本や世界には、さまざまな種類のお茶が存在しています。

日本の緑茶ひとつにとっても、煎茶や玉露、抹茶や玉緑茶、ほうじ茶など、日本人でも詳しく知らない人が多いほど、たくさんの種類があります。

皆さんは普段飲んでいるお茶の中で、どのお茶が好きですか?

独特な風味で香ばしい玄米茶は、比較的価格も手ごろで、スーパーなどでも手に入ることから、日常のお茶として人気の高い種類です。

あまり飲まないひとでも、たまに飲みたくなるような豊かな味わいですね。

そんな玄米茶について、実は詳しく知らないという人も多くいます。

「そもそも玄米茶ってなに?豆のようなものは一体なに?」

「玄米茶は体にいいの?効能や効果について知りたい!」

「おすすめの玄米茶は?美味しい玄米茶を飲みたい!」

など、玄米茶についていろいろな疑問の声がネットでもあがっています。

今回は、知っているようで知らない玄米茶について、詳しくご紹介していきますね。

玄米茶が好きな人、いつもと違ったお茶を飲んでみたい人、お茶の歴史に興味がある人、健康茶が好きな人、玄米茶をおもてなしやプレゼントにしようと考えているひとなど、

様々な人の参考になれば幸いです。

玄米茶とは

「玄米茶を飲んだことがある!」という人はとても多いのですが、玄米茶について詳しく知っている人は意外に少ないようです。

玄米茶の茶葉をよく見てみると、深緑の茶葉以外に、ポップコーンのような白いものや豆のような黄色のものが入っていますね。

あれはいったい何なのでしょうか?

またどのように作られているのか、どのように普及していったのかについてもみていきましょう。

玄米茶とは?

玄米茶とは、「玄米」と「茶葉」から作られたハイブリットのお茶です。

茶葉は、主に番茶を強火で加熱したもので、普段家で飲んでいる緑茶のひとつです。

玄米は、蒸してからきつね色になるまで炒っているので、黄色の粒のようなものは玄米なのです。

さらに、炒っている最中に、ポンとはじけてポップコーン状になるので、白いものも混じるのです。

市販の玄米茶には、番茶ではなく煎茶が使われていたり、抹茶が混じっていたりと、種類や味も様々あります。玄米は主にもち米が使用されています。

茶葉と玄米の量は、基本的には11と同量で混ぜ合わせられています。

茶葉の良さと玄米の良さ、2つの良さを併せ持っているので、身体にもよい効果や効能がたくさんあります。

玄米茶の特徴

玄米茶は日本茶として、番茶やほうじ茶と同じ順位に位置付けられています。

お値段から見ても、高級な日本茶でなく、一般的な家庭で日常的に飲むことができるお茶ですね。

玄米茶の一番の特徴は、独特の香ばしい香りと味です。

玄米を炒っているので、香ばしくなり、他のお茶とは違った味わいを楽しむことができます。

香ばしい風味ですが、飲んだ時にはあっさりとしていて、脂っこいお料理との相性も良いです。

玄米茶の品質は、茶葉の品質よりも玄米により左右されていると言われています。

玄米茶の香ばしい風味は、炒った玄米から抽出され、ポップコーンのような玄米からは出ません。

そのため、ポップコーンのような玄米が少ないほど、品質が高いとされています。

玄米茶に含まれている主な成分

玄米茶には、茶葉と玄米のそれぞれに含まれている成分があり、魅力のひとつとなっています。

玄米茶に含まれている成分は、

  • カテキン
  • テアニン
  • カフェイン
  • ビタミンC
  • ビタミンB
  • ガンマ‐オリザノール
  • ギャバ
  • ビタミンE
  • カリウム、ナトリウム、カルシウムなどのミネラル
  • 食物繊維

です。

これらが身体にもたらす健康や美容の効果については、後ほど詳しくご説明していきますね。

玄米茶の味~おいしい?まずい?

大人から高齢者まで親しまれている玄米茶ですが、まだ飲んだことがない人はどのような味が気になりますね。

実際に飲んだ人の感想をご紹介します。

・日本の優しい味がする。

・穀物の味を感じられて、緑茶と香ばしさとのバランスが良い。

・玄米茶をお茶漬けにしても美味しい!

・玄米によってお茶の苦みがマイルドになり、お茶のコクは残ったまま甘さも感じられる。

・おこげの味がするようで香ばしく美味しい!

・思い立って玄米茶を炭酸水で割ってみたらまずかった。

玄米茶の味としては、まろやかで香ばしく、甘味があり美味しいという意見が多くありました。

「まずい」や「苦手」という感想がほとんどないので、日本人の口に合い、飲みにくいお茶でないことが分かります。

小さな頃から親しんでいるお茶のひとつでもあるので、苦手意識が生まれにくいお茶のひとつですね。

苦いお茶が苦手な人や小さな子どもでも飲みやすいのが人気の秘密なのかもしれません。

玄米茶の10つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう?

近年、日本は健康ブームです。

健康や美容に効果があるとして、日本茶も注目されています。

玄米茶もそのひとつで、安価で手に入るので、たくさんの人が口にしていますね。

では玄米茶は、私たちの体にどのような影響をもたらしてくれるのでしょうか。

アンチエイジング効果がある

玄米茶にはポリフェノールが豊富に含まれており、強い抗酸化作用があります。

ポリフェノールは自然界には5,000種類以上存在しており、そのひとつにカテキンがあります。

茶カテキンとして、近年注目されていますね。

カテキンはお茶に含まれており、お茶独特の苦み成分でもあります。

カテキンには抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗がん作用など様々な作用があり注目されている成分です。

抗酸化作用とは、肌のシミや髪の毛つややかさなど酸化で起こる作用をストップする働きです。

そのため、シミやしわの予防に繋がり、アンチエイジング効果が期待できます。

さらに、老化をふせぐ抗酸化作用があるビタミンEや、美白効果が借るビタミンCなども含まれおり、美容効果が期待できるお茶なのです。

眠気覚ましの効果がある

玄米茶にはカフェインが多少ですが含まれています。

カフェインの作用で有名なものとしては、眠気が覚める効果を思いつきますね。

どうして眠気が覚めるのでしょうか。

眠くなる原因のひとつにアデノシンという成分があります。

カフェインはそのアデノシンの働きを阻害する力があるのです。

さらに、カフェインは身体に吸収されるのが早いので1時間かからない時間で効果を発揮します。

そのため、食事後に飲むのもよいですし、眠くなった時に飲んでも効果が期待できます。

ただ、眠る前などに飲みすぎてしまうと目が冴えて寝付けなくなることもあるので、飲む時間帯には注意した方がよいですね。

利尿作用があり、むくみにも効果的

お茶には利尿作用があるので、お茶を飲んだ後トイレに何度も行くという経験をした人も多いでしょう。

トイレが近くなるので、緑茶をあまり飲まないという人もいますが、実は利尿作用はむくみ対策になります。

緑茶に含まれているカフェインの働きにより、腎臓に作用します。

血管を拡張する働きがあり腎血流が増加、そのためナトリウムの再吸収を抑える働きがあります。

さらに、尿の生成量が増え、排尿の回数や数が増えるのです。

尿の量が増えることで身体にたまっている老廃物を外に出すことができます。

そのため、むくみが解消され健康によくすっきりとした体形を保つこと可能です。

顔がむくみやすい、足がむくむという人は、利尿作用のある玄米茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

ただし、飲みすぎると利尿作用が働きすぎて、脱水症のリスクが高まることも考えられています。

眠気覚ましと同じく、飲みすぎて夜中トイレに何度も行く場合もあるでしょう。

飲みすぎには注意して適度に楽しんでくださいね。

ダイエット効果が期待できる

玄米茶などの緑茶やコーヒー、紅茶に含まれているカフェインには、ダイエット効果があります。

近年トクホで脂肪燃焼やダイエット効果などとして販売されるようにもなってきました。

その理由のひとつとして、カフェインは、脂肪の燃焼を促進する働きがあるのです。

脂肪を分解する酵素『リパーゼ』の働きを助け、脂肪を燃焼しやすくしています。

さらにカフェインには脂肪を体内に吸収させることを抑制する働きももっています。

カフェインのパワーによりダイエットに効果が期待できると考えられています。

また、玄米茶に含まれているギャバには、中性脂肪やコレステロールを抑える働きがあります。

他の緑茶には含まれていないので、よりダイエット効果が期待できるお茶です。

便秘の予防・解消

玄米茶に含まれているカフェインは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進する働きがあります。

ヒトは胃に物がはいると大腸の蠕動運動が活発に働き、便が肛門に送られます。

蠕動運動が弱い人はコロコロの硬いうんち、逆に蠕動運動が過剰になってしまうとやわらかうんちとなります。

便秘の場合には硬いうんちになるので、蠕動運動を促すことで便の排出を助けることになるのです。

さらに、玄米茶に含まれているカテキンには善玉菌を増やす働きをもっています。

善玉菌が増えることで腸内環境が整い、便秘になりにくい体つくりをすることができます。

食物繊維も含まれているので、便の排出を助けてくれます。

カフェインやカテキン、食物繊維が含まれている玄米茶は、便秘に最適と言えますね。

便秘中の人や便秘気味の人など、食事や日頃の水分補給の際に飲んでみてくださいね。

ただ、飲みすぎてしまうと蠕動運動が活発化しすぎて下痢になったという報告もありました。

脱水症のリスクと合わせて下痢にもなる可能性があるので、飲みすぎないように気を付けましょう。

虫歯予防や口臭予防

虫歯は、ミュータンス菌が歯にくっつき、酸をつくりエナメル質を溶かすことでできます。

食後や食事中にカテキンの含まれたお茶を飲むことで、カテキンがミュータンス菌の増殖を抑える働きをしてくれます。

そのため、虫歯の予防や虫歯や食べかすの菌から発生する口臭の予防に繋がるのです。

はみがきやうがいも効果的ですが、外出先でするとなると準備などもあり大変です。

手軽に虫歯対策や口臭予防ができるので、お茶を飲んで予防する方法はおすすめです。

抗ウイルス作用

お茶などに含まれているカテキンは、虫歯の原因となるミュータンス菌だけでなく、様々な種類の細菌やウイルスの増殖を防ぎます。

インフルエンザウイルスやノロウイルスなどが体内に入ってしまうと、他の細胞にくっつこうとします。

カテキンを摂取していることで、ウイルスが細胞をくっつきにくい状態をつくることができます。

細胞同士がくっつかずに増殖せず、結果的に風邪やインフルエンザなどの予防に繋がります。

他にも大腸菌のO-157やダイオキシンの抑制、エイズにも効果があることが分かってきています。

リラックス作用がある

玄米茶にはギャバ(GABA)という成分が含まれています。

GABAという名前のチョコレートもあり、成分についても少しずつ知名度が上がってきました。

ギャバは、脳に存在している興奮した神経伝達物質を抑える成分で、アミノ酸のひとつです。

主に体内で創り出される成分ですが、足りないがためにイライラしたり不安になったり緊張したりします。

特に過度なストレス社会に身を置く人にとっては、必要不可欠な成分ですね。

リラックス効果があるので、安眠にも効果的です。

更年期に伴うトラブルを緩和する

玄米茶にはガンマオリザノールという成分が含まれています。

γ⁻オリザノールとも呼ばれており、米に含まれている特有の成分です。

玄米茶には玄米も含まれているため、玄米による成分なので、玄米茶特有の成分でもあります。

食品だけでなく、化粧品や医薬品としても広く利用されている成分です。

心身症(更年期障害や過敏性腸症候群)における不安や緊張、抑うつ並びに身体症候に効果があります。

他にも、脂質代謝に関して、血清コレステロールの消化管吸収抑制に作用し、コレステロールの合成を阻害する働きもあるので、ダイエット効果も期待できます。

参照:γ‐オリザノール|日清オイリオ公式サイトより

疲労回復効果

玄米茶にはビタミンB群が多く含まれています。

ビタミンB群は、エネルギー供給や老廃物の代謝に働きかける元気のもとと言われており、不足することで疲れやすい身体になっていまいます。

ビタミンB群には、リボフラビンやナイアシン、葉酸やコリン、PABAなどがあります。

それぞれに、役割がありどれも欠けては困る成分でもあるのです。

豚肉やレバー、うなぎやさんま、納豆、ほうれん草などに多く含まれているので、玄米茶だけでなく、様々な食品からも摂り入れていきましょう。

参照:疲労回復のための栄養素の効果的な摂取|東京医科大学公式ホームページより

玄米茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫

玄米茶は、緑茶と玄米が半分半分入っているので、緑茶に比べるとカフェインが半減します。

さらに、茶葉から抽出される渋みも少なく、お子様や妊娠中の方でも安心して飲むことができます。

茶葉が少ないため旨味が少ないようにも感じますが、玄米がはいっているため、旨味やコクなどもしっかりと感じることができますよ。

妊娠中、特に妊娠初期のカフェインの過剰摂取は、流産のリスクが高まるため、厚生労働省などでも注意喚起されています。

1日当たりの推奨量としては、約100㎎以内であれば大丈夫とされています。

玄米茶のカフェイン量は、100mlあたり10㎎程度です。

比較対象として、コーヒーの場合には65㎎、緑茶は20㎎なので、少ない分量であることが分かります。

マグカップ200ml1杯あたり20㎎なので、5杯ほど飲んでも大丈夫であると言えますね。

体によい効果や効能がたくさんあり、妊娠中のむくみや冷え、便秘などの対策にもなるので、妊娠中や授乳中、カフェインが苦手な人にもおすすめです。

また、ノンカフェインやカフェインレスの玄米茶も販売されているので、カフェインが気になる方は、そちらを楽しんでもよいでしょう。

玄米茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方

美味しい玄米茶の入れ方や飲み方をご紹介していきます。

玄米茶の入れ方

①急須に玄米茶を入れます。

茶葉量はメーカーによって違うので、パッケージなどで確認してください。

②水を沸騰させます。

水はできれば軟水がおすすめで、より美味しく飲むことができます。

③沸騰したてのお湯を急須に注ぎ、30秒蒸らします。

蒸らす時間は短くしてください。

時間が長くなると、渋み成分が出るため渋いお茶になってしまいます。

④湯呑の注ぎ、最後の1滴までしっかりと注いでください。

おすすめの飲み方

玄米茶を入れた後は、氷などで冷やしてアイスで飲んでもおいしくいただけます。

普段から水分補給として飲んでもよいのですが、食事中に飲むことで、コレステロールの抑制効果や脂肪燃焼効果がさらに期待できます。

玄米茶は楽天やamazonで買える?おすすめ4

玄米茶は一般的なスーパーでもよく見かけるお茶です。

しかし、毎日飲むご家庭では、定期的に届けてくれるサービスがあるネット通販も便利ですよ。

たくさんの種類からお好みの玄米茶を選ぶ楽しみもあります。

そこでおすすめの玄米茶をご紹介していきます。

伊藤園おーいお茶 プレミアムティーバッグ宇治抹茶入り玄米茶

ネットでも人気の高い弦間茶です。約100杯分いれられ、800円前後のお値段なので、コスパも高く、ティーバッグタイプなので、ご家庭だけでなく職場などでも愛用されています。

玄米は、国産のうるち米が使用され、こだわり抜かれた味です。

ミルクに入れても美味しく、さらに水出しもできるので、マイボトルにいれて持ち運ぶこともできます。

香りも高く、濃いお茶が出て美味しいと評価も高い商品です。

詳しくはこちらからどうぞ。

大井川茶園 茶工場のまかない 宇治抹茶入り玄米茶 500g

宇治さんのまろやかな抹茶と、香ばしい玄米を、静岡産の深蒸し茶にブレンドされています。

茶封筒のような入れ物に入っており、見た目は素朴ですが、人気の高い商品です。

値段も手ごろで、定期人でリピート購入している方も多くいらっしゃいます。

日常に飲むお茶として人気のお茶です。

詳しくはこちらからどうぞ。

やさしいデカフェ 玄米茶

ティーブティックが販売している玄米茶で、カフェインが0.00gです。

ティーブティックが販売しているお茶は、カフェインが0のものが多いので、他のお茶とも併用して、注文してもよいですね。

玄米茶として申し分もなく、妊娠中のティータイムで楽しまれています。

詳しくはこちらからどうぞ。

インスタント 宇治抹茶入り玄米茶

辻利が販売しているスティックタイプの珍しい玄米茶です。

茶葉や玄米が入っていないので、抽出の時間などを気にせず、手軽に飲むことができます。

お湯だけでなく、水にもさっと溶けるタイプ。

スティックが100本入りで1,800円前後です。

辻利は他にも宇治煎茶やほうじ茶などのスティックタイプも販売しています。

気になる味は、少し薄めではありますが、渋みが少なく玄米の香りもしっかりする美味しいお茶です。

詳しくはこちらからどうぞ。

まとめ

私たちの身近にあるお茶のひとつである玄米茶は、緑茶と玄米の良いところを両方とった、素晴らしい効果や効能をもっているお茶です。

お値段も安いものが多いので、日常の健康茶として、美容茶として飲むことができます。

すっきりとした味わいなので、運動や仕事中などにも合い、いろいろな場面で活躍してくれます。

ぜひ飲んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です