未分類

ゴーヤ茶とは~7つの効果・効能と味、作り方やおすすめの飲み方まとめ

世界だけでなく日本には様々なお茶の種類があります。

夏の時期に食べたくなる野菜として人気のゴーヤ(にがうり)は沖縄の名産です。

小学生の嫌いな食べ物ランキング1位のゴーヤですが、不思議と大人になると、

苦みや独特な味が癖になっていきますね。

ゴーヤと聞くと、ゴーヤチャンプルーや和え物、炒め物などお料理に使うイメージです。

しかし、沖縄では、ゴーヤをお茶にして飲むという『ゴーヤ茶』というものがあります。

夏になればゴーヤは全国各地で手に入る食材なので、沖縄に行かずとも飲むことができます!

「そもそもゴーヤ茶って何?」

「ゴーヤ茶はやっぱり苦いの?子どもも飲むことができる?」

「ゴーヤは身体によいと言われるけど、ゴーヤ茶はどう?」

など、まだゴーヤ茶を知らないもしくは飲んだことのない人は疑問が浮かんでくるでしょう。

今回は、身体にとてもよいゴーヤ茶について詳しくご紹介していきます。

ゴーヤ茶の味わいや効能などを知って、たくさんの食卓にゴーヤ茶が並ぶとよいなと思います。

また、身体によいお茶を探している人、ゴーヤが好きな人、健康志向の人、いつもと違うお茶が飲みたい人など、

様々な人の参考になれば嬉しいです。

ゴーヤ茶とは

その名の通り、ゴーヤのお茶です。

しかしながら、ゴーヤの苦みがなく、ほうじ茶のような味で甘さも感じられます。

ゴーヤを薄切りにして天日干しし、乾煎りをし、ゴーヤとお湯で煮出して完成です。

ゴーヤと水だけで作られているのですが、とても飲みやすいのでゴーヤが苦手な人にもおすすめです。

一度に大量に作ることができ、長期保存も可能です。

ゴーヤはウリ科の植物の果実のことで、一般的にゴーヤやニガウリと呼ばれますが、

本名はツルレイシといいます。

栄養がたっぷりで沖縄県人の長寿の秘密とも言われています。

ゴーヤをゴーヤ茶にすることで、カリウムが15倍、カルシウムが18倍、鉄分が27倍増えると言われており、

ゴーヤ以上に健康的な飲み物なのです。

沖縄でよく飲まれており販売されていますが、ゴーヤはスーパーでも手に入るので、

自宅で簡単に楽しむことができます。

そんなゴーヤ茶について、秘められた効果や効能、作り方などをご紹介していきます。

ゴーヤ茶の味~おいしい?まずい?

まず気になるのはゴーヤ茶の味です。

ゴーヤの苦みが苦手な人にとっては、あまり飲みたくない飲み物かもしれません。

実際にゴーヤ茶を飲んで、おいしいと感じた意見とまずいと感じた意見に分けてご紹介していきます。

ゴーヤ茶がおいしいという意見

・想像していたよりも苦みがなく抵抗なく飲むことができた。

・はと麦茶に近いような穀物を炒ったような味で美味しい。

・独特な味もなく苦さもないが、匂いはゴーヤ!

など、美味しい!というよりも普段のお茶や麦茶の代わりに自然と飲んでいるといった意見が多くありました。

ゴーヤ茶がまずいという意見

・飲みなれていない人はまずいと感じるかも。

・灰のような味に感じて苦手なので、麦茶などと混ぜて飲んでいる。

苦手な人の意見で一番多かったのが、「灰のような味」がしたという意見でした。

ゴーヤを炒るので、香ばしいと感じるか灰のようだと感じるか分かれ道のようですね。

ゴーヤ茶の7つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう?

近年ゴーヤ茶が話題になってきているのは、ゴーヤ茶が身体にもたらすよい影響がたくさんあるからです。

ちょっと苦手な人でも飲んでいる!というほど、その効果はとても期待大です!

むくみが解消する

女性に多いむくみは、冷え性や血流が悪い時、体重が増えているとき、妊娠後期や臨月などに起こります。

女性だけでなく、男性で悩んでいる人も多いようです。

むくみの対処法はカリウムの摂取です。

ゴーヤにはカリウムが豊富に含まれています。

カリウムは体内の余分な水分を体外に排出する役割があるので、むくみに効果的です。

ゴーヤにはカリウムが多く含まれているのですが、ゴーヤ茶には15倍ものカリウムが含まれているので、

お茶にして飲んだ方が栄養分は多く摂取出来ます。

ダイエット効果

ゴーヤ茶はダイエット中の人にも人気です。

それは、ゴーヤに体脂肪の燃焼を促す働きがあるからです。

ゴーヤにはリノレン酸が含まれており、体内で共役リノール酸に変化します。

共役リノール酸とは、脂肪燃焼を活性化するリパーゼの働きをさらに活性化させてくれます。

そのため、体脂肪の燃焼に繋がるのです。

共役リノール酸は、他にも血中のコレステロールを減らしたり中性脂肪を減らしたりする役割もあります。

美肌を保つことができる

ゴーヤにはビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCは、メラニン色素の沈着を防ぐので、シミやそばかすをできにくくしてくれます。

さらに皮膚の免疫力を高めてくれるので、紫外線予防にもなります。

さらに、ビタミンCはコラーゲンを作る働きを促進するので、アンチエイジング効果が期待できます。

もともとビタミンCは熱に弱く、加熱すると失われてしまう成分です。

しかし、ゴーヤのビタミンCは熱に強いので、失わずに体内に取り入れることができるのです。

便秘予防

ゴーヤには食物繊維が多く含まれています。

そのため、便秘気味の人が飲むとお通じがよくなります。

飲みすぎると便がゆるくなることもあるので注意ですが、便秘の予防にはおすすめです。

さらに、便秘になると肌荒れやニキビができやすくなるので、肌荒れなどの予防にも効果的です。

糖尿病を予防できる

ゴーヤが苦いのは、チャランチンという成分とモモルデシンという成分が関係しています。

この2つの成分は、インスリンの分泌を促す働きをしています。

インスリンは血糖値が高い人が摂取することで、血糖値を下げる効果が期待できます。

食後に増加する血糖を処理し、一定量に保つ働きをもつホルモンのひとつです。

血糖値が上がりやすい人は、食事中に一緒にゴーヤ茶を飲んでみてくださいね。

高血圧予防になる

普段から高血圧の人、たまに高血圧になる人はゴーヤ茶がおすすめです。

ゴーヤ茶に含まれるカリウムには、体外に余分な水分や塩分を出してくれます。

個人差はありますが、塩分を取りすぎていると、高血圧の原因となってしまいます。

ゴーヤ茶に含まれるたくさんのカリウムの力を使って、高血圧予防に心がけてみましょう。

夏バテ防止

ゴーヤは夏バテに効くという話は有名ですね。

モモルデルシンという成分に胃を整えてくれる作用があり、

さらにビタミンCには免疫力を高める効果があります。

また、カリウムには利尿作用があることから体内のたまった熱を下げる働きがあります。

夏バテにはもってこいの食材、飲み物なのです。

ゴーヤ茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫?

むくみ解消や便秘予防、免疫力増加など、ゴーヤ茶は妊婦さんも飲みたい飲み物ですね。

ゴーヤ茶はお茶の分類ですが、カフェインは入っていません。

そのため、妊婦さんでも授乳中の方でも飲んでもらって大丈夫です。

1日3杯~4杯を目安に飲んでみましょう。

飲みすぎると食物繊維の影響で便が緩くなることもあるので、体調を見ながら飲んでみてくださいね。

ダイエット中の方は16杯~7杯まで飲むと効果が出てくるそうです。

こちらも、体調を見ながら飲み続けてみましょう。

ゴーヤ茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方

ゴーヤ茶の美味しく簡単な作り方をご紹介します。

ゴーヤ茶の作り方

1.ゴーヤ1本を縦半分に切り、スプーンでわたを取り除きます。わた付でも飲めます。

2.ゴーヤを1㎜幅に薄切りにします。

3.新聞などの上に切ったゴーヤを重ならないように並べていきます。

4.2日程、日当たりと風通しの良い場所で天日干しし、カラカラにします。茶色くなります。

5.ゴーヤをフライパンで乾煎りしたら、完成です。

6.ジップロックなど湿気が入らない容器にいれて保存してください。

ゴーヤ茶の入れ方

上記で作ったゴーヤ茶を急須に入れます。

急須に熱湯をそそいで、3分ほど煮だして飲みましょう。

出し殻のゴーヤは佃煮などにして食べることができるので、ゴーヤを余すことなく頂くことができます。

ゴーヤ茶は楽天やamazonで買える?おすすめ〇選

ゴーヤ茶はネットや沖縄専門店などでも販売されているので、ゴーヤから作るのが面倒である人は、

市販のものを利用してみてはいかがでしょうか?

OSK ゴーヤ茶

高知県で製造されている市販のゴーヤ茶です。

少し苦みがありますが、ウーロン茶のような味で好きという評価もありました。

癖がなく、毎日飲んでいても苦にならないので、血糖値や血圧を下げる為、ダイエットのためなど、

目的があり長期間飲み続ける際に、おすすめの商品です。

詳しくはこちらからどうぞ。

ユーン ゴーヤ茶

沖縄の農場で朱隠したゴーヤを使用しており、製造も沖縄県内で行われています。

無添加で、カフェインやタンニンも含まれていません。

またゴーヤをざく切りにして乾燥させているのが特徴で、種もそのまま入っています。

子どもも飲める優しい味です。

詳しくはこちらからどうぞ。

山本漢方製薬 ゴーヤ茶100

種子入りのゴーヤ100%のゴーヤ茶です。

愛知県の山本漢方製薬株式会社が販売しており、お値段もお手頃です。

他の商品と比べると少し苦さを感じるので、ゴーヤの苦みが好きな人におすすめ!

癖もなく飽きの来ない味です。

詳しくはこちらからどうぞ。

まとめ

ゴーヤからできているゴーヤ茶は、苦みや渋みが少なく、ゴーヤが苦手な人でも飲むことができます。

ゴーヤが売られている夏の時期には自分で作っても良いですし、手軽に市販のものを利用しても良いですね。

なにより身体によい効能がたっぷり含まれているので、健康志向の人にはもってこいのお茶です。

飲みやすく続けやすいのもポイントのひとつです。ぜひ試してみてくださいね。