未分類

青茶とは~7つの効果・効能と味、作り方やおすすめの飲み方まとめ

日本だけでなく世界中には、まだ聞いたことも飲んだこともないお茶がたくさんあります。

特に中国は、日本以上にお茶の種類も豊富で文化や歴史を感じることができます。

ジャスミンティーやプーアール茶、白茶、黄茶など日本でも飲まれているお茶もあります。

緑茶や黄茶・白茶などがあるのですが、中国の『青茶』はご存知ですか?

実は青茶は日本でもよく飲まれている飲み物のひとつで、市販のペットボトルなどもあり、

自動販売機やスーパーでもよく目にする飲み物です。

「青茶って聞いたことないけど、どんなお茶なの?」

「青茶に秘められた体に良い効果ってある?」

「青茶の美味しい飲み方やカフェインの量が知りたい!」

など、青茶がどんな飲み物なのか気になる人も多いのではないでしょうか?

青々としたお茶をイメージされているかもしれませんが、そうではありません。

今回は、青茶の正体や効能、製造工程や入れ方、カフェイン量、

おすすめの市販の青茶などをご紹介していきます。

中国のお茶に興味のある方々、これから中国へ旅行に行く人、お茶について詳しく勉強したい人などの

参考になれば嬉しいです。

青茶とは

青茶の正体はウーロン茶⁉

中国茶には、緑茶・白茶・黄茶・黒茶(プーアール茶)・花茶(ジャスミン茶)などの種類があります。

その中に、青茶があります。

製造工程や発酵の方法から中国茶は分類されており、青茶は半発酵茶ともいわれています。

青茶は、ウーロン茶(烏龍茶)を代表とするお茶です。

「あ!なんだ。ウーロン茶のことか。」と納得される方もいらっしゃるでしょう。

大辞林などで調べると、『灰汁につけてから蒸したお茶で質は悪い。』と説明がありますが、

日本でも中国でも世界中でウーロン茶を愛している人はたくさんいますね。

半発酵茶とは?

青茶は半発酵茶とも言われているのですが、発酵の度合いが1080%と幅広くなっています。

そのため、銘柄によって、それぞれ味わいが異なるのもまた楽しみのポイントのひとつと言えます。

緑茶の発酵は0%、紅茶の発酵は100%で、色合いと味わいも違いますね。

軽発酵であれば、緑茶に近いお茶となり、度合いが高めであれば紅茶に近いお茶となるのです。

また、発酵に焙煎の火の強さも違いがあるので、ウーロン茶を含む青茶の味わいは多種多様と言われています。

青茶の歴史とその名の由来は?

黄茶や白茶の歴史はとても古いのですが、青茶の歴史は意外と浅いのではないかと言われています。

所説ありますが、明治中期前後に福建省で誕生したという説が強いようです。

竹籠の中で太陽にあてられた茶葉が運ばれる間に酸化してしまい、

目的地に着いたことには青茶になっていたことが始まりという歴史があります。

清の時代には青茶の製法は確立し、広東省や台湾に伝わり、世界へと広がっていきました。

『青茶』と呼ばれる由来は、発酵部分の茶葉の褐色と発酵していない部分の茶葉の緑が混じって、

茶葉の見た目が青っぽくみえることから呼ばれています。

ちなみに『烏龍茶』という名前の由来は、鳥のように黒く龍のような形をしている茶葉だからなど、

様々な説があり、どれが本当かはっきりしていません。

青茶の銘柄

青茶にはいくつもの銘柄があるのですが、その中でも人気のものや代表的なものをご紹介します。

①大紅袍(だいこうほう)

福建省の武夷山市を産地とし、中国の十大銘茶の中でも最高級のお茶です。

岩茶特有の香りや余韻を楽しむことができます。

茶葉は光沢がありねじれている形をしており、味はまろやかでこくがあり、ほのかに香ばしい味わいです。

②武夷肉桂(ぶいにっけい)

伝統的な中国十大銘茶である武夷岩茶のひとつです。

福建省の武夷山市を産地としています。

シナモンのようなふわっとした香りがとても強く、百年以上にわたって親しまれています。

生産量が多いので、手に入りやすく香港や東南アジアでも飲まれています。

お茶の水色は、透明感がありうっすら琥珀色をしていて、味はなめらかでこくがあります。

③安渓鉄観音(あんけいてっかんのん)

福建省の安渓県を産地歳、雲霧の多い地帯で栽培されています。

他の青茶と比べると、アミノ酸やビタミン、ミネラルを多く含むのも特徴のひとつです。

また発酵が軽めなので、緑茶に近い色、そして味わいがあります。

甘味がつよいお茶であり、飲んだ後の余韻はさらに甘さが引き立ちます。

伝統的な中国十大銘茶のひとつであり、清朝乾隆年間初期からあり200年以上の歴史があります。

④東方美人(とうほうびじん)

白毫ウーロン、シャンピンウーロン、五色茶など別名でもいろいろな名前がある青茶です。

ヨーロッパには1800年代に輸出され、オリエンタルビューティーなどの名前で親しまれています。

発酵度が70%と高く、紅茶に近い味わいのお茶で、甘味も強いお茶です。

甘味や独特の香りは、『ウンカ』という虫が茶葉を噛むことによりできるようになりました。

そのため、東方美人の茶園はいつも無農薬で栽培されています。

青茶の製造工程

青茶、中国語で『チンチャア』と呼ばれるお茶の作り方を見ていきましょう。

①萎凋→②揺青→③殺青→④揉捻→⑤烘焙の製造工程で作られています。

①は、茶葉の水分をしっかりと蒸発させます。

②は、茶葉を軽く揺さぶり拡販して発酵を進めていきます。青茶のみに施される方法です。

③は、茶葉に熱を加え、酸化の働きを止めます。

④は、機械や手をつかって茶葉を揉み、形を整えていく作業です。

⑤は、青茶のみの工程で、竹籠にいれて低温でゆっくりと水分を取り除いていきます。

緑茶や白茶、黄茶などの種類もあるのですが、それぞれ少しずつ製造工程が違い、

青茶には青茶の製造工程があるのです。

青茶の良いお茶の見分け方とは?

中国のお茶の質は、製造会社や製造工程、メーカーによってバラバラのようです。

よいお茶の見分け方についてポイントをみていきましょう。

茶葉においては、産毛があり、光沢があり、茶葉の形と色が均等であるもの。

環境においては、厳しい環境で育てられたものが美味しくなります。

季節は、春のお茶がとても美味しく品質が高いといわれており、夏になると苦みが強くなるようです。

青茶の味~おいしい?まずい?

青茶は緑茶の爽やかさと紅茶の華やかさを併せ持つ、味わいのある、でもすっきりとした味です。

茶葉の種類によって、甘さが強く紅茶やシナモンの香りに近いもの、緑茶に近いものなど様々で、

人それぞれ好みが分かれるのも、青茶選びの楽しみのひとつです。

日本でも烏龍茶としてなじみ深いお茶なので、飲みにくいと感じる人は少ないようです。

しかし、青っぽさが残る味で苦手、甘い独特な香りが苦手という意見もあります。

味や香りの幅も広いのが青茶の特徴でもあるので、自分に合った青茶を探してみてくださいね。

青茶の7つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう?

お茶はすっきりとした味わいで、心も体もあたたまるだけではなく、

身体によいとされる効果がたくさんあります。

老化を予防する

お茶にはポリフェノールが含まれています。

さらにウーロン茶や青茶は半発酵のため、ウーロン茶ポリフェノールという成分も含まれています。

ポリフェノールといっても、自然界には5,000種類以上存在しており、カテキンもその一つに含まれています。

他のお茶に比べて青茶には数百種のポリフェノールが含まれており、様々な効果が期待できます。

カテキンには抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗がん作用など様々な作用があります。

抗酸化作用とは、肌のシミや髪の毛つややかさなど酸化で起こる作用をストップする働きです。

そのため、シミやしわの予防に繋がり、アンチエイジング効果が期待できます。

また、青茶にはビタミンCも多く含まれています。

美肌を守るためのコラーゲンは、ビタミンCによって作られているので、美肌効果があるのです。

眠気がすっきりする

青茶にはカフェインが入っています。

カフェインは中枢神経を興奮させるので、目がすっきりと冴え覚醒してくれます。

仕事に集中したいのに眠気が邪魔をするとき、夜の勉強時などにもおすすめです。

眠くなる成分であるアデノシンを、カフェインは阻害する働きをもっています。

そのため、青茶だけでなく、コーヒーや紅茶、緑茶なども効果的です。

また、カフェインは体に吸収されるのも早く、個人差はありますが、1時間もかかりません。

そのため、食後や眠くなった時に飲んでも効果を発揮してくれます。

便秘に効く!

『カフェインは眠くならない作用がある』というのは、知っている人も多いようです。

しかし、カフェインには他にも様々な作用があります。

そのひとつに、便秘の予防や解消に効果的であることが分かっています。

それは、カフェインに腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進させる働きがあるからです。

人は胃に物が入ると、大腸の蠕動運動が働き、便が徐々に肛門に送られていきます。

しかし、便秘気味の際には蠕動運動が活発に行われていない場合もあるので、

カフェインを摂取することで便の排出を助けることができるのです。

さらに、青茶だけでなくお茶に含まれているカテキンには腸の善玉菌を増やす作用があります。

善玉菌が増えることで、悪玉菌を退治していくので、自然と腸内環境も整っていくのです。

ダブルの成分で、便秘解消によいということがはっきりと分かりますね。

ダイエット効果が期待できる

カフェインには、他にも脂肪燃焼を促進する効果があります。

カフェインは脂肪を分解する酵素『リパーゼ』の働きを促すので、体内の脂肪を燃焼しやすくするのです。

そのため、ダイエットにも効果が期待でき、運動前や食事前や食事中などに青茶を飲むことで、

体内に脂肪がたまるのを防ぐことができるのです。

また、脂肪が体内に吸収されるのを抑制する働きももっているので、ダイエット中におすすめの飲み物です。

青茶だけでなく、カフェインが入っている飲み物であれば、同じ効果が期待できます。

虫歯や口臭を予防できる

お茶に含まれているカテキンには、ミュータンス菌の増殖を抑える効果があります。

ミュータンス菌とは、虫歯の原因とも言われており、歯にくっつき、

そこで酸を作り歯のエナメル質を溶かしていきます。

人は眠っている間や唾液が出ない乾燥した口内で、菌がどんどんと増えていきます。

そのため、食後などにお茶を飲むことで菌の増殖を防ぐことができ、虫歯や口臭の予防になるのです。

抗ウイルス作用

お茶に含まれているカテキンは、ミュータンス菌だけでなく細菌やウイルスの増殖を防ぎます。

インフルエンザウイルスやノロウイルスなどが体内に入ってしまうと、他の細胞にくっつき、

ウイルスを増殖しようとしていきます。

カテキンを摂取していることで、ウイルスが細胞をくっつきにくい状態をつくることができます。

そうすると、細胞同士がくっつかずに増殖せず、結果風邪やインフルエンザなどの予防に繋がります。

抗アレルギー効果

青茶の種類のひとつである「凍頂烏龍茶」は、抗アレルギーの効果が期待できます。

香り高い台湾のお茶としても有名なのですが、近年では花粉症にも良いと言われるようになりました。

その理由としては、『メチル化カテキン』という成分が豊富に含まれており、

メチル化カテキンは花粉をキャッチする場所の発現を抑制する働きがあることが発見されました。

さらに、ヒスタミンの放出の指令を抑える働きもあり、アレルギーの症状が出るのを防ぐことができます。

日本では、アサヒ飲料も同じ開発をしており「べにふうき」という植物に同じメチル化カテキンが含まれており、

研究により花粉対策に効果があることが実証されています。

―参照 べにふうきの機能性研究|アサヒ飲料の研究開発公式サイトよりー

さらに、メチル化カテキンは花粉だけでなく、ダニなどが原因としてあげられている通年性アレルギーにも、

効果があることが分かっています。

青茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫?

青茶にはたくさんの良い効能があるのですね。

妊娠中や授乳中の方でも飲んでほしい青茶ですが、気になるのは含まれているカフェインの量です。

青茶のカフェイン量は少な目で、100mlあたり2ミリグラムほどが平均量です。

新芽ほどカフェインが多く含まれており、青茶は成長した茶葉を使用するので、

中国茶の中でもカフェインが少ないお茶と言えます。

ただ、日本でも販売されている市販のウーロン茶については、少し注意してください。

例えば、サントリー烏龍茶でしたら、100mlあたりカフェインが20㎎含まれています。

黒ウーロン茶も同じ表示です。

500mlのペットボトル1本飲んだとして、約100㎎含まれているということになります。

妊娠中に推奨されているカフェインの目安としては、1日あたり100㎎と言われています。

そのため、1本飲んだら、他にコーヒーなどを飲まない方がよいということです。

お茶の蒸す時間、茶葉のメーカーによっても、カフェイン量には差があるので、参考までにしてくださいね。

青茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方

青茶の美味しい飲み方には様々な方法があり、地域でも違うことがあるようです。

日常的に飲まれている方法をご紹介しますね。

青茶の飲み方

①急須に熱湯をいれてあたため、一度湯を捨てます。

②茶葉を急須に入れます。

③沸騰したお湯を注いで、1分ほど蒸らしましょう。

④カップや茶杯には熱湯を注ぎ、温めておきます。

⑤カップのお湯をすてて、急須からお茶を最後の一滴まで注ぎます。

緑茶や黄茶などは約70度のお湯を注ぎ、ゆっくりと蒸らすのですが、

青茶の場合には、熱湯をいれて蒸らす時間も短めになります。

しかし、甘めが良い場合には、やはり70度ほどの温度のお湯をそそぎ、ゆっくり蒸らすとよいでしょう。

2煎目以降は、蒸す時間を増やしながら調節してみてくださいね。

使われる水は、硬水よりも軟水がよいとされており、浄水などをりようしてもよいでしょう。

青茶の保管方法について

青茶の保管方法は緑茶と同じように次のように保管してください。

基本的に、直射日光が当たらない風通しの良い涼しい場所に置くようにします。

ジップロックや缶などにいれ、茶葉が密閉された状態で保管すると美味しさを保つことができます。

多湿の場所だとカビがつきやすいので、おすすめできません。

夏場や梅雨の湿った時期には、冷蔵庫で保管するとよいでしょう。

青茶は楽天やamazonで買える?おすすめ2

青茶はわざわざ中国に足を運ばなくても自宅で楽しむことができます。

市販の青茶の種類も豊富なので、好きな銘柄の茶葉を探してみてくださいね。

久順銘茶 岳さんの茶園で作った凍頂烏龍茶80

台湾の中部に位置する凍頂山にある岳さんの茶園で取られた茶葉で作られています。

他の烏龍茶とは少し味が違い、ほのかな香りとしっかりとした味が特徴です。

中国で購入すると数千円するのですが、こちらは650円ほどでコストパフォーマンスが高く人気です。

詳しくはこちらからどうぞ。

中国福建省烏龍茶武夷山「水仙」

味わいでは水仙に並ぶものなしと言われている最高級のお茶で、蘭の気品高い香りが特徴です。

口当たりがなめらかで甘みもアリ、優雅な香りが特徴です。

発酵度が高めなので、どちらかというと紅茶に近いお茶です。

評価も高く、ウーロン茶が苦手な人でも飲みやすかった、鮮度がよい、この値段でこの品質は驚き、

丁寧なお手紙と飲み方の説明がくわしく書いてあってよかったなどのコメントが多数ありました。

100gで700円(税別)とコスパも良いので、試しのみにもおすすめです。

詳しくはこちらからどうぞ。

まとめ

黄茶や白茶、緑茶などと製造工程が違う青茶には、青茶なりの特徴があります。

発酵の度合いの幅が広く、緑茶のような風味の青茶もあれば、紅茶に近い青茶もあり、

様々な味わいが選べるのも特徴のひとつです。

烏龍茶が代表ではありますが、ウーロン茶が苦手な人でも味わえる青茶もあるので、

色々な銘柄を試し飲みしてみてくださいね。